掛津山海蔵寺の大般若祈祷会

 新年を迎え、大般若祈祷会が1月14日(土)、鳴砂供養のお寺として知られる曹洞宗掛津山海蔵寺(かしんざん かいぞうじ)で執り行われました。大般若祈祷会(だいはんにゃきとうえ)とは、『大般若経』全600巻を転読し、社会の平和・国土の安全・檀信徒の皆様の家内安全を祈る法要です。10人の僧侶が読経ともに一斉に経本をアコーディオンのように開いていく「転読」の様子は、厳粛ななかにもたいへん迫力があります。当日は40人余りの檀信徒の皆様がお参りし、1年の安全と健康を祈願しました。

門松で飾られた当日の「琴祥門」の姿。昨年秋に篤志家の寄付により完成しました。美しい白木造りで、掛津山海蔵寺の山門です。

読経とともに「大般若!」の掛け声のなか、僧侶が一斉にアコーディオンを弾くように経本を開いていきます。これが転読といわれる行いで、厳粛かつ迫力極まる光景です。

『大般若経』をつぎつぎと転読ていきます。経本が流れるようにめくられていく一連の動作は見事としか言いようがありません。全600巻を20分ほどで読破?

その後、宮本肇童住職からお参りの檀信徒の皆様にご祈祷です。

いつもどおり帰りに、境内の一角にある「なでなで地蔵」にお参りしました。このお地蔵さんの頭をなでなですると頭がよくなると言われ、地元の人たちに絶大な人気があります。

海蔵寺住職の宮本肇童氏(右)と、副住職の善教氏(左)です。海蔵寺は、曹洞宗(永平寺派)の禅寺として座禅の普及に努めておられ、当文化館の体験プログラムにも取り入れさせていただいています。

子どもから大人まで、年間をとおして座禅体験できます。詳しくは当館までお問い合わせください。

2012年1月15日

海蔵寺山門 落慶祝賀式

 琴引浜のすぐ近くに曹洞宗「掛津山海蔵寺」があります。鳴砂供養の寺として地元ではよく知られたお寺ですが、このたび立派な山門が完成しました。篤志家による寄付で建設されたもので、すべての工事が完了し、本日10月29日午前9時から完成を祝い落慶祝賀式法要が執り行われました。白木の温もりのある美しい山門です。鳴砂供養を兼ねて、是非とも海蔵寺にお参りください。

 

祝賀式前の 山門の全容です。白木の美しい姿が印象的です。

 宮本肇童住職による祝賀の儀式の様子です。

お祝いのため お参りした方々も、順に焼香をしました。

同じく、焼香の風景です。

 工事関係者に感謝状と記念品が贈られました。

 100歳になる田家氏もお祝いに駆けつけ、詩吟を披露されました。

 お参りの方々にお礼の挨拶をされる宮本住職です。

 最後に全員で記念撮影です。アップでご覧ください。晴天にも恵まれ、一生の想い出となる祝賀式でした。

 

2011年10月29日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。