写真展「日々是好日」始まりました

033S

家城安久己氏(京丹後市在住)の写真展「日々是好日」が

29日(土)より始まりました。(~12/25まで)

京丹後市の美しい景色を背景に、そこに暮らす人々の

日常を活写した素晴らしい写真ばかりです。

「潮風」と題された作品。 お気に入りの1枚です。

写真展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展

2014年11月29日

「日々是好日」写真展のご案内

日々是好日写真展

2014年11月21日

『立岩(たていわ)・間人(たいざ)海岸海景』写真展のご案内

京丹後市丹後町間人にそそり立つ「立岩」。丹後を代表する名勝の一つ。周囲約1キロ、高さ20メートルの巨岩。

立岩荒日

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は10月末。手前の波まくり2つの穴と立岩に打ち寄せる波が同時にカメラに納まることは、珍しい1枚。

戻り波

 

 

 

 

 

 

 

撮影は2月。強風であおられた戻り波を捉えています。

消える立岩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25年前の撮影。何十年も写真を撮り続けていますが、このような状態に遭遇したのは初めてのこと。北北西の風にあおられた波が、20メートルの高さの立岩を完全に飲み込んだ瞬間です。

立岩

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は1月。沖からの強風が波をあおり、立岩を軽々と越してしまった瞬間の1枚。

雪の立岩

 

 

 

 

 

 

 

 撮影は1月。白い雪と白い波の共演です。

 

立岩・間人海岸海景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマチュア写真家のコメント付き 写真展へ この機会に、ぜひ、ご来館ください。

2014年2月8日

tango海岸風景 写真展

開催期間  平成26年2月5日(水)~3月2日(日) 9時~17時

開催場所  琴引浜鳴き砂文化館 1F

写真展2014

 

 

 

 

 

 

 

立岩

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は1月 丹後町を代表する“立岩” 周囲約1km、高さ20mにも及ぶ1枚岩が、沖からの強風が波をあおり、立岩を軽々と越してしまった瞬間の一枚。

雷光

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は6月 午後10時頃 雷雲が西から移動しているので待ったいました。雷光を撮影するのは比較的簡単ですが、雷光が海面に反射する瞬間をとらえるのには技術が必要です。

海と雷 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年前の8月 早朝4時頃 沖から雷雲が近づいてきたのでチャンスを窺って撮影に成功しました。この写真は、避雷針メーカー主催の第6回雷写真コンテストで金賞を受賞しました。

夜光虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年4月から6月頃に夜光虫が見られます。夜光虫は刺激を与えないと発光しません。漁火や街の灯りが少しでも入り込むときれいに撮れません。

写真家中江氏

 

 

 

 

 

 

 

長年にわたり、間人(たいざ)海岸海景を撮り続けた、中江氏の力作、19点の展示です。潮風でカメラを数台駄目にしたとか…。

荒れる日本海

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日を狙って撮影。現像してみてビックリ。まるで波が天にも昇る竜のように取れていました。カニのつぶやき

 

 

 

 

 

 

 

題して「カニのつぶやき」。カニは泡を出して体内の汚れを出します。今では、獲れたカニを船上ですぐに冷水機に入れ泥を吐かせます。このように、もう泡を吹くことがなくなりました。撮ろうと思っても、もう撮れない1枚です。

2014年2月3日

『立岩・間人海岸海景』写真展のご案内

開催期間 平成26年2月5日(水)~3月2日(日)

場所 琴引浜鳴き砂文化館 1F

立岩・間人海岸海景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A1サイズなど、ダイナミックな写真で、丹後半島・日本海の海岸風景を紹介します。 お楽しみに!!

2014年1月19日

山陰海岸ジオパーク写真コンクール 入賞作品展

 写真コンクール入賞作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山陰海岸治ジオパーク写真コンクール

2013年6月15日

グルメ ジオパーク 2012 写真展

グルメジオパークするめいか

ジオパークって何? まだまだ山陰海岸ジオパークが知られていません。

山陰海岸は、貴重な地質遺産をたくさん含む地形・地質の博物館です。

日本海形成に伴う多様な地形・風土・人々の暮らしを、写真パネルで紹介します。

今回は、グルメ=丹後の食、知られざる京丹後のホットスポットをご覧ください。

ニホンザル

写真展開催期間  平成24年3月3日(土)~4月1日(日)

場所  琴引浜鳴き砂文化館1F

休館日 火曜日

主催  琴引浜鳴き砂文化館、京の里センター

2012年2月24日

「丹後の山野草」水谷高典写真展のご案内

 心象風景写真家であり京都府希少野生生物保全推進員でもある水谷高典氏。

 丹後の自然をこよなく愛し、野に咲く花の美しさに魅せられた氏が、永年にわたり撮影し続けた丹後地方の山野草数万点の中から、丹後の匂いと草花への愛情にあふれた作品を厳選して一挙に紹介いたします。

 期 間  平成23年6月4日(土)~7月10日(日)

 場 所  琴引浜鳴き砂文化館

 内 容  水谷高典氏撮影の丹後に自生する山野草写真展。

       長年の力作・秀作30点以上を展示

 

水谷高典写真展ポスター

 

 

2011年5月22日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。