トウテイラン咲き出しました!

琴引浜鳴き砂文化館 庭のプランター トウテイラン咲き出しました(^_^)

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、淡い色です、8月には、もっと濃い紫色になります。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい花ですね~。日本固有の“トウテイラン”

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウは、満開です。

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しげな花ですね(^_^)

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

和名は、波来草・・・砂地の海岸に生息し、まるで波が打ち寄せるような花だから。

2014年7月14日

夏の海浜植物便り

蒸し暑い毎日ですね。 植物も暑いでしょうが、元気に涼しげに花を咲かせています。 花の美しさには癒されますね!

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

「トウテイラン」ご存知でしょうか。 日本固有種のゴマノハグサ科の多年草。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

近畿地方や中国地方の北部 海岸沿いにだけ生息しています。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

当館では、トウテイランをお分けしております。詳しくは職員にお尋ねください。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウテイラン畑と流木アートのコラボ・・・ 

ユウスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 この時期、琴引浜では、夕方になると咲き出す「ユウスゲ」がきれいですよ。

エゾミゾハギ

2013年8月6日

トウテイラン第一号

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

トウテイラン畑の草引きをしていたら、見つけました、今年の開花第一号!!

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

淡い紫色で、涼しげに咲いてくれていました。

ハマナスの実

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマナスの実も うまそうに赤い実をつけています。

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウも涼しげな花ですね。

ユウスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユウスゲも夕刻には花開くでしょう・・・。

皆様のご来館お待ちしております。

2013年7月13日

トウテイラン ガイドウォーク + 丹後ばらずし 盛り付け体験

9月16日(日)トウテイラン自生地へ出かけて行きました。

トウテイランといえば、京都府から島根県までの海岸に極めて局地的に自生する

ゴマノハグサ科の希少植物(環境省レッドリスト 絶滅危惧Ⅱ類)で京丹後市の花です。

今回のガイドウォークでは、希少植物などの保護の必要性について学びました。

IMGP4224縮小

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP4275縮小

 

 

 

 

 

 

 

 

 晴天に恵まれ、とても暑い日でしたが、琴引浜の名物ガイド 宇野ガイドと京都府立大学植物専門の大迫敬義先生の

説明を聞きながら、トウテイランだけでなく色々な植物観察をすることができました。

 IMGP4291縮小

 

 

 

 

 

 

 

 

浜でも、宇野ガイドの興味ある話や鳴き砂が楽しめました。

また、お待ちかねの昼食では、「琴引浜まんまくらぶ」の皆さんより、丹後のばらずしの盛り付けを

指導していただき、モズクのお吸い物と一緒に美味しくいただきました。

IMGP4317縮小

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP4321縮小

 

 

 

 

 

 

 

 

 参加していただいた皆様、暑かったけど楽しかったですね。

また、ぜひ琴引浜へお越し下さい。お待ちしております。

2012年9月21日

講演会「京丹後市の花 トウテイランの魅力を探る」へのご参加有難うございました!

 9月16日午後1時30分から、21名の参加のもと、当館研修室にて講演会「京丹後市の花 トウテイランの魅力を探る」を開催いたしました。講師は京都府立大学生命環境科学研究科の 大迫敬義 先生 にお願いいたしました。

 大迫先生からは、トウテイランの生態学的・遺伝学的な見地からの説明、保護に関するいくつかの提言をいただきました。なかでも先生の研究により、隠岐(島根県)、由梨浜(鳥取県)、久美浜の各集団はそれぞれ遺伝学的に違いが見られ、久美浜集団にいたっては葛野から浜詰までの1.5キロ内でも少しずつ異なっていることが明らかになったということへの関心が集まりました。 参加者からの質問では、自生地直近の浜詰地区に産地の明らかでない株の植栽の是非に関するもの、琴引浜の個体の遺伝的な違いに関するものが複数あり、さらに、琴引浜のトウテイランの遺伝学的な調査研究を直ぐにやってほしいという意見もありました。

 参加者は少なめでしたが、みなさんトウテイランに対する関心が非常に高く、質疑応答でも活発な意見が飛び交い、有意義な講演会となりました。

 大迫先生をはじめご参加いただきました皆さま、本当にお疲れ様でした。有難うございました!

2012年9月19日

初秋の草花ガイドウォークと講演会のご案内

トウテイランガイドウォーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、午後からは、トウテイランの講演会を開催いたします。

トウテイラン講演会ポスター 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドウォークと講演会どちらかご参加、また、両方ご参加も歓迎いたします。

トウテイランを深く知る絶好の機会です。

2012年8月30日

文化館の「トウテイラン」 今が見頃です!

 京丹後市の花として知られる「トウテイラン」は、初秋に美しい青紫色の花を咲かせます。琴引浜鳴き砂文化館では花壇に1000株のトウテイランを栽培しており、自然のものより一足早く先月末に開花し始め、お盆を前にして見ごろとなりました。琴引浜では植生の遷移により、この美しいトウテイランが激減し絶滅の危機に瀕しています。現地のトウテイランを見ることは容易ではありませんが、ここ文化館なら苦労せずに楽しめます。カメラ片手に、是非お立ち寄りください。

このトウテイランについてガイドウォークと講演会を開催いたします。 ご参加ください。

トウテイランガイドウォーク 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウテイラン講演会ポスター

2012年8月11日

京丹後市の花「トウテイラン」 そろそろ見ごろ!

トウテイランは、京都府から島根県までの山陰海岸のごく一部にだけ自生する日本固有の希少種で、環境省レッドデータブックの絶滅危惧種に指定されています。琴引浜は分布の東端にあたりますが、笹などに追いやられまさに絶滅寸前の状態です。琴引浜以外では箱石海岸に見られ、ここでは比較的多くの株が自生しています。8月から9月にかけて美しい藍色の花を咲かせます。当館では4~5年前から栽培を始め、来館される方に楽しんでいただいていますが、昨秋本館横の花壇に実生苗1,000株を追加した結果、1週間前から咲き始めました。駐車場横の花壇を合わせると1,300株。皆さまのお越しをお待ちしています。

 

トウテイランのこの美しさには癒されますね!!

トウテイラン 

 

 

 

 

 

 

 

トウテイランは、高原に咲くクガイソウやルリトラノオの仲間で、多くの虫が集まります。マルハナバチが蜜を吸いに来ています!

トウテイラン畑 

 

 

 

 

 

 

 

トウテイラン 

 

 

 

 

 

 

 

なでしこも満開です。 とってもいい香りが漂っています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ナデシコ

2011年7月31日

第1号 トウテイラン咲きました!!

今朝、7月9日(土) 草取りをしていたら、

トウテイラン畑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見つけました! 今シーズン第一号のトウテイランです!!

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウも、元気に咲いています!!

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館へ、お立ち寄りください。

2011年7月9日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。