漂着物調査を行いました

調査方法の説明

11月5日(日)、「琴引浜の鳴り砂を守る会」による

漂着物調査が実施されました。この調査には、毎回、地元

網野高等学校ボランティア部の部員が協力してくれます。

開始前、調査の方法や注意点について同会顧問、安松貞夫

氏から説明を受けます。

調査用の道具類

調査は、厳重な調査マニュアルに沿って実施されます。

どんな細かなごみも漏らさず採集できるよう、様々な

道具が必要。

調査区域の検尺

グリッドに区切る

横10m×縦30mの調査区域を決め、汀線から海、中、

陸、三つのグリッドに区切り、このエリア内のゴミを

採集するという調査方法。

ゴミを拾う

縦一列に並び、横へ移動しながらゴミを拾い集める。

小さなゴミも徹底的に

どんな小さなゴミも徹底的に拾い集め、トレイに入れる。

マイクロプラスチック

マイクロプラスチック(劣化し細かく砕けたプラスチッ

クごみ:5mm以下の大きさの物をいう)。

海洋環境汚染最大の脅威と云われるのがこれです。

ゴミの分別作業

分別作業風景

集められたゴミは3か所のエリア別にブルーシートの上

に広げ、8種類に分別される。

レジンペレット

レジンペレット(右容器:プラスチック製品の原材料

になる樹脂の粒)も多い。

調査票

2種類の調査票に細かく記入していく。

特殊な調査器具

砂にまぎれているゴミ

砂中のゴミ

特殊な道具を用い、深さ2,5㎝までの砂を採取。

目の細かい篩(ふるい)にいれ、砂を洗い落として砂

中に紛れている細かなゴミも調査。

白いのは、発泡スチロールが砕けたものか。

海

中

山

海側、中央部、陸側で採集されたゴミ。

重量も測る

重量まで測るという徹底ぶり。

ここで得られた調査データは、海洋ゴミの調査機関である

JEAN(ジーン:Japan Environmental Action Network)

やNPEC(エヌペック:環日本海環境協力センター)な

どにも送られる。

このような地道な調査が報われる日が来ることを願いたい

ものです。

お疲れさまでした

調査に協力してくださった、会の皆様、網野高校ボラン

ティア部の皆様、ありがとうございました。

タグ

2017年11月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:守る会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。