新聞の凡語に掲載

今年7月末、モーリシャス沖で日本の貨物船わかしおが座礁し、1000トンの重油が海に流出するという事故が発生しました。

これを受け、京都新聞より「琴引浜の鳴り砂を守る会」へ取材が入りました。

「これで鳴き砂も終わりかと思いました。」真っ黒の重油が鳴き砂の琴引浜1800m全てに打ち上った。

愕然とする中、重油が漂着したその日から、重油回収作業を始め、鳴き砂を少しでも持ち出さないように、篩にかけ、目詰まりする砂は海水を利用して洗ったり、竹で三脚を組み篩をぶら下げて省力化したりと、試行錯誤しながら、3ヶ月かけて延長1800m浜全体の砂を篩にかけるという、気の遠くなる作業を続けました。

ニュースを聞きつけ、全国からボランティアが駆けつけてくださいました。3月末まで延べ12,709人の方が琴引浜の重油回収作業に携わり、土のう袋16,619袋を回収。そして、美しい白砂がクックックと鳴く・・・

今から23年前の1月、ロシアタンカーナホトカ号重油流出事故で、島根から秋田県の沿岸に大量の重油が漂着しました。

琴引浜では、多くのボランティア、地元住民、琴引浜の鳴り砂を守る会メンバーの献身的な作業で、見事きれいな鳴き砂を取り戻すことができました。

「除去のノウハウもあるし、行けるものなら少しでも手伝いたい・・・」琴引浜の鳴り砂を守る会メンバーは語る。

タグ

2020年9月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:守る会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。