琴引浜について

琴引浜について

琴引浜は、全長が約1800mあり、そのすべてが鳴き砂の浜です。また、琴引浜には波消しブロックなどのコンクリート構造物がなく、自然のままの状態で保たれた景勝の地であることから、網野町の文化財に指定されているほか、これまでに多くの百選等に選ばれています。

琴引浜の中央よりやや西側の場所は、足で踏んだり、こぶしでたたくと「ドンドン」と鳴くことから、特に太鼓浜と呼ばれています。太鼓浜の海側には岩礁が突き出しており、これに続く岩盤が砂の下にあり、空洞があるため、共鳴して鳴くのではないかと考えられています。

百選地にも選ばれています

日本の白砂青松百選(1987)
京都府の自然二百選(1993)
残したい日本の音風景百選(1996)
日本の渚百選(1996)

琴引浜ギャラリー

琴引浜の西部
琴引浜の西部
太鼓浜付近
太鼓浜付近
海浜植物の多い西側
海浜植物の多い西側
西側から太鼓浜を望む
西側から太鼓浜を望む
太鼓浜と大岩
太鼓浜と大岩
夏の琴引浜
夏の琴引浜
冬の琴引浜
冬の琴引浜
雪と荒波
雪と荒波
夕日も美しい
夕日も美しい
琴引浜の東部
琴引浜の東部

メニュー