重油災害の記録

重油災害の記録

1997年1月、島根県沖で沈没したロシア船籍タンカー・ナホトカ号から流出した大量の重油は、日本海沿岸に漂着し大きな被害を与えました。琴引浜にも大量の重油 が押し寄せ、一時は鳴き砂も壊滅するのではないかと思われましたが、全国からのボランティア13,000人の人達によって3月末までの3ヶ月間にわたり回収活動が行われ、元どおりの美しい浜にもどりました。

重油回収活動等の写真

最初の漂着(1月9日)
最初の漂着(1月9日)
早速、始められた会員の回収作業
早速、始められた
会員の回収作業
女子高校生のがんばる姿
女子高校生のがんばる姿
大波で浜全体が重油に覆われた
大波で浜全体が
重油に覆われた
重油とゴミのかたまり
重油とゴミのかたまり
(2月2日)多くのボランティアの人々
(2月2日)
多くのボランティアの人々
整然と作業に励むボランティアの皆さん
整然と作業に励む
ボランティアの皆さん
小さな子どもたちも懸命の作業
小さな子どもたちも
懸命の作業
竹で三脚を組んで砂をふるう人たち
竹で三脚を組んで
砂をふるう人たち
ふるいの砂を水で洗うと効率的
ふるいの砂を
水で洗うと効率的

元通りの美しい浜を取り戻すことができた(4月)

元通りの美しい浜を取り戻すことができた(4月)

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。