気仙沼市と陸前高田市へ その8

さて、2日目。一関から気仙沼に向かいました。気仙沼へは、国道284号線で行きます。約1時間半の道のりです。

道中にも、壊れている橋や、陥没を補修したであろう道路など、地震の爪痕が見てとれました。

琴引浜の鳴り砂を守る会の気仙沼訪問で6月に来ていたメンバーが、「この角を曲がると、津波が来ていた所だ。」と、教えてくれました。

           気仙沼の町(気仙沼市)

角を曲がると、どんなことになっているのだろうかと思いましたが、一見普通の町並です。しかし、道路沿いの家々は1階部分が津波の被害を受けたということで、よくよく見れば、家々の外壁にはうっすらと津波の跡が見てとれました。流れ込んできた瓦礫や土砂を片付けるのには、心身ともにどれほどつらかったのだろうと想像しました。それでも、笑い合いおしゃべりしているお年寄りには頭が下がります。私達にできることは何か。考えずにはいられませんでした。

市役所は、高台にあり被害はなかったとのことでした。

          気仙沼市役所前(気仙沼市)

        気仙沼市役所(気仙沼市)

                  琴引浜白砂青松保全委員会 事務局より

タグ

2011年9月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保全委員会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。