気仙沼市と陸前高田市へ その6

琴引浜白砂青松保全委員会は、「次代に残す白砂青松」をテーマに掲げています。

鳴き砂は、環境のバロメーターです。

壊滅的な被害を受けているにもかかわらず、音を失わなかった十八鳴浜と九九鳴浜。

それは、どういうことなのか。

長い年月をかけ、多くの人の手で育てられた高田松原の松。

飛砂や潮風から町を守ってきた高田松原。

その歴史と、それをいとも簡単に飲み込んでしまう脅威的な津波の破壊力。

気仙沼と陸前高田に行くことで、白砂青松について理解を深め、「自分たちに何ができるのか。」

「何をしなければいけないのか。」を感じてほしいと思いました。 

 宮城県気仙沼市「十八鳴浜(くぐなりはま)」

 十八鳴浜(気仙沼市)

宮城県唐桑町「九九鳴浜(くくなきはま)」

九九鳴浜(気仙沼市)

琴引浜白砂青松保全委員会 事務局より

タグ

2011年9月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保全委員会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。