気仙沼市と陸前高田市へ その2

私自身は、他にも目的がありました。

その一つは、「被災地で今、何が求められているのか。そして、私達に今、何ができるのか。」を感じることです。

報道等で、被災地の様子は見聞きしています。

6月に「琴引浜の鳴り砂を守る会」が気仙沼に行き、鳴砂の浜の清掃活動をした話も、弟や従兄から聞いています。

でも、報道と弟達の話とのギャップもあり、「実際に行ってみないとわからない。」

話を聞けば聞くほど、「自分で行って見てきたい。被災地の人々と会って話したい。」と思いました。

九九鳴き浜

平成23年6月12日 舫(もやい)のポロシャツが「琴引浜の鳴り砂を守る会」メンバーです。

このポロシャツのロゴ…“舫う”とは、船と船をつなぎとめる意味があります、

人と人をつなぎとめるのは、絆。 同じ鳴砂の浜に暮らす仲間として…。

              琴引浜白砂青松保全委員会 事務局より

タグ

2011年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保全委員会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。