保全ツアーの報告

平成23年10月23日、雨が降ったり止んだりの天候の中、東北の陸前高田に松苗を届けるためのお手伝いがしたい、との趣旨に賛同した50名の家族連れや地元小学生が集まりました。

プログラムは、“たこばかし”からスタート。

タコばかし

タコばかし

タコばかし

参加の子供たちは、楽しみにしていた“たこばかし”ですが、波が高く、一匹も捕れませんでした。

それでも、地元の琴引浜ガイドの説明を聞きながら、貝がら拾いを楽しみました。

琴引浜散策

その後は、後背地の松林の中で、松の実生苗を見つけてポットに移す作業を行います。

松苗移植  松苗移植

松苗移植  松苗移植

お待ちかねの昼食には、サプライズで「タコの丸茹で」を見学し、地元の民宿・旅館の若旦那らが作る、マツタケご飯とあったかい豚汁、タコのお刺身など、お替り自由で大満足のひと時でした。

タコの説明

タコの頭はどこ?目は?口は?など、クイズ形式でタコについて学びました!!

鳴き砂体験  鳴砂見学

午後からは、文化館を見学した後、松苗の移植作業を行いました。土作り、苗の植え替え、苗の運搬等、子供たちは、せっせと頑張っていました。

土作り  松苗移植

松苗移植  全員集合

みんなの気持ちのこもった松苗700ポットは、陸前高田に届けられる予定です。

少し休憩し、続いて、午前中に琴引浜で拾った貝がらで、オリジナルフレーム作りを行いました。

手作り体験  手作り体験

手作り体験  完成です

出来上がり  完成したよ

お疲れ様です!!

参加者からは、「東北の人に松の苗を送るお手伝いができてよかった」

「いろんな種類の貝がとれて勉強になった」 「名人のタコの刺身はおいしかった」 「鳴砂をよごしたらあかんと思った」等、感想が寄せられました。

また来年、ぜひ、ご参加してください。

 

 

 

タグ

2011年12月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保全委員会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。