「白砂青松を守る活動」を体験して

平成27年2月27日(金)地元の京丹後市立島津小学校の児童4~6年生が松林整備を体験しました。

児童の感想を一部掲載します。

感想集

 

 

 

 

 

 

4年生

ぼくは4年だから初めての間ばつだったけど、話を聞いたとき松の役目や山でやってはいけないことなど分かりやすく教えてくださってありがとうございました。 2月27日に間ばつに行くと風がふいて、目に砂が入って、松がないとどういうことになるかということを身をもって感じられました。そして、重い木を持って何往復もするうちに、こういうことが地域のためにもなっていることや、いつもこういった大変な作業をやっていて、すごいと思いました。ぼくもこういう機会があれば参加したいです。

4年生

2月20日の事前学習では松は色々なことに使われていることやアカマツの近くにマツタケが生えてくること他にもたくさん知りました。とても説明が分かりやすかったです。2月27日の松の間ばつでは、太くて重たい松を切るのが大変でした。のこぎりで木を切る時は、引く時に力を入れるとよく切れるとアドバイスをしてくれたからうれしかったです。私はこの活動を通して、松は私たちの生活にとても役立っているとあらためて思いました。砂が飛んでこないもの松があるからだから、松を大切にして育てていきたいと思いました。松について教えてくれてありがとうございました。

5年生

金曜日の白砂青松を守る活動では大変お世話になりありがとうございました。事前学習のパンフレットでは、松の大切さがよく分かりました。僕の思った以上に松が大切だということでした。間ばつ体験をして、する前はごちゃごちゃしていてばらばらだったけど、した後はすっきりして気持ち良かったです。松を守る活動はとても大変だったけど楽しかったです。また、終わった後の焼きいももとてもおいしく格別でした。体験をして松を守りたいという強い思いが伝わってきました。来年も参加します!!

5年生

ぼくは事前学習で一番、森林の恵みが心に残りました。それで、毒キノコには気を付けたいなと思いました。僕は体験学習で下に落ちている小さい枝や大きな丸太を運んでいました。そんなものを積んでいけば大きな山のようなものになって、周りがきれいになりました。また、きれいにしていきたいです。

 

 6年生

今回、白砂青松を守る活動をして、大変だったけれども、改めて松の大変さがわかりました。また、今回は一部分だったけれども全体をしている皆さんは、もっと大変だなと思いました。事前学習では、松のチップやマツノザイセンチュウ、マツノマダラカミキリの事を知れたのでよかったです。3年間、白砂青松を守る活動をして、松の大切さ、それを守る大変さを知りました。いつまでも守り続けるために、大切にしていきたいです。

6年生

事前学習で、松はこんな事に使われているという事が分かりました。間伐作業をして琴引浜白砂青松保全委員のみなさんは、こんな大変なことをしているんだと分かりました。枝を切るのは、風通しを良くするという事も分かりました。今までの4年、5年、6年を通して、この活動は、もっと続けたほうがいいとわかりました。今までありがとうございました。

6年生

ぼくは、保全の活動に参加したことがありますが、間伐の場所が違ったので、楽しかったです。3回の白砂青松保全活動を学校の授業で経験しましたが、植樹、松葉かき、間伐の3つを体験できたので良かったです。事前学習では、松がどんなことに使われているかや、松の大切さ、松を育てるとどんなメリットがあるのかなどのことを教えてもらい、活動の現場に行っても、風が強く松の大切さが分かりました。また、焼き芋もおいしかったです。ありがとうございました。

6年生

事前学習では、松の働きをもう1度思い返すことができました。パンフレットから、作業中にしてはいけないこと、間伐ですることが分かりました。この時、しっかりと作業をしようと思いました。当日の体験をして最初に思ったことは、「こんな寒いのに作業するなんてすごい」です。雨が降るよりはいいけど風が強かったからです。作業では、松の葉が軍手の外からささるのでとても痛かったです。また、切る枝や木は、力がとても必要でも、低いのでとても大変でした。この体験を通して、保全委員会の人たちは、寒い中、痛い中、疲れている中、作業をするということは、とてもすごいことだと知りました。そして、保全委員会の人たちの苦労も知りました。事前学習と当日はありがとうございました。

タグ

2015年3月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保全委員会からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。