We Are Tomodachi に掲載

年6回程度発行される、内閣官房国際広報室、日本政府国際広報誌 

We Are Tomodachi に琴引浜関連の記事が掲載されました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

(概要和訳)

海洋廃棄物から鳴き砂を守る

京都・京丹後市の『琴引浜』は、白砂青松が美しい古くからの景勝地だが、

もうひとつの魅力が『鳴き砂』である。砂の上を歩くと砂がキュッキュッと鳴く。

この音は砂粒同士が擦れ合う振動で発生する。しかしながら、波が砂を洗わなくなると

砂は鳴かなくなる。地元のボランティアの人達は、30年以上もの間、琴引浜の

環境保護に取り組んできた。しかし近年、海洋ゴミの酷さはより深刻になってきた。

夏、潮の流れに乗り日本海に漂っているゴミは、冬の季節風によって浜に打ち上げられる。

注射器のような医療廃棄物に加えて、網・浮きのような漁具も問題だが、ゴミの圧倒的大多数

はプラスチックである。

こうした状況に、浜を愛する地元の人々が立ち上がった。定期的に海岸清掃を

行うほか、漂着ゴミを展示して人々への啓発活動にも務めている。

何年もの間、この活動に関わってきている男性は、「私たちにとって大切なもの

だからこそ、この美しい浜を守りたいのだ。」と言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ

2020年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ 文化館

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。