恐竜時代のほんもの化石に触れる体験教室の報告

今年も琴引浜ネイチャークラブハウスでお世話になり、『恐竜時代のほんもの化石に触れる体験教室』略して「自然教室」を開催しました。

地球の歴史

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館へ集合していただき、琴引浜ネイチャークラブハウスへ移動しました。

講師は、琴引浜ネイチャークラブハウス主宰の安松ご夫妻です。長年、京都市内で教師をされていた夫妻、わかり易く説明が続きます。

地球の歴史

 

 

 

 

 

 

 

まずは楽しくお勉強! ビックバーンから始まり、その時代の生き物の話・・・

地球の歴史

 

 

 

 

 

 

 

どんなサイズの恐竜がいたのか・・・、人類の出現と進化に至るまでをざっと説明。

地球の歴史

 

 

 

 

 

 

 

その頃使用していた黒曜石

黒曜石

 

 

 

 

 

 

 

三葉虫やアンモナイトの実物化石、実際触って間近で確認しましたね~。

本物化石

 

 

 

 

 

 

 

自然教室3日間、大変蒸し暑い日となりました。自然の状態で体験、参加者も保護者も講師の先生もみんな汗だくでしたね! 暑かったけど自然教室らしい!?と思っていただけると幸いです。

自然の中で自然教室

 

 

 

 

 

 

 

1日目は、アンモナイト化石クリーニング、2日目3日目は、コハク化石磨きでした。

コハク

 

 

 

 

 

 

 

 

原石はくすんでいてきれいじゃないですね。

コハク

 

 

 

 

 

 

 

3種類のサンドペーパーを、順序に沿って使用し、コハクを磨いていきます。

講師の合格

 

 

 

 

 

 

 

講師の安松さんに磨きチェックをしていただき、合格☆が出たら次の工程に移ります!

コハク

 

 

 

 

 

 

 

ルーペで見ると虫の脚や虫の羽、触覚が見えましたよね~~

ひたすら磨く

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら磨き、つるつるにしていきます。

ひたすら磨く

 

 

 

 

 

 

 

虫も入っていない純粋でクリアなコハク、蟻の行列の入ったコハク・・・様々でしたね。

最終磨き

 

 

 

 

 

 

 

最終は、布に車の傷直しのようなクリームをつけて艶を出します。

コハク

 

 

 

 

 

 

 

事前に、ネイチャークラブハウスの安松さんがペンダントにする穴をあけてくれていたので、紐を通せば出来上がり!

コハク

 

 

 

 

 

 

 

サイズ、形、クリア度、虫入り・・・などなど、他に一つとしてないコハクのペンダントが出来上がりました。

自然教室

 

 

 

 

 

 

 

皆さんお疲れ様でした。根気よく頑張りました!

来年も開催できたらと思っています。開催する場合は、いち早くこのホームページでお知らせしますので、いち早くお申し込みください!!

タグ

2019年7月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:琴引浜体験プログラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。