25thはだしのコンサート2018 応援ありがとうございました。

6月3日(日)晴天の中、海風を浴びながら、琴引浜にて『はだしのコンサート』が今年も開催されました。

漂着ゴミ

 

 

 

 

 

 

 

今年のサブタイトル ~Seve the Earth!マイクロプラスチックから地球を救え!~

分別

 

 

 

 

 

 

 

ビーチクリーンアップでは、多くの方が趣旨に賛同し、琴引浜での漂着物を拾ってくれました。特に石油製品のプラスチックごみを拾っていただくよう、ザルの貸し出しを行いました。

漂着物調べ

 

 

 

 

 

 

 

漂着物にはどのようなものがあるのか! 

シートに分別して嬉しいゴミ(貝がらや高温石英など)、困ったゴミ(レジンペレットやプラスティックの破片など)との違いを知っていただきました。

ボランティア部

 

 

 

 

 

 

 

網野高校ボランティア部の生徒たちが中心となり、『漂着物でワークショップ』、『ゴミリンピック』など運営してくれました。

琴引浜で拾ったゴミを分別し、10個づつ貼り付けている様子。

分別

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみの分別と貼り付けは大変な作業でしたが、一目でどれだけ漂着があったかよくわかります。

JEAN

 

 

 

 

 

 

 

一般社団法人JEAN様のご協力で、マイクロプラスチックの説明紙芝居の展示も行いました。海洋汚染の現状がよく分かります。

重油災害の記録展

 

 

 

 

 

 

 

また、21年前の『ナホトカ号重油流出事故』の当時の様子など、パネル展示を行いました。

はだしのコンサート会場

 

 

 

 

 

 

 

会場を見渡すと、フリーマーケットやフードブースが17店舗。賑わっています。

会場の様子

 

 

 

 

 

 

 

メインステージでは、今年も趣旨に賛同してくださったアーティスト5組とオープニングアクトでは、和太鼓DON、Hula Lehua、、ぱるてぽるてが盛り上げてくれました。

山元サトシ

 

 

 

 

 

 

 

山元サトシfromキッサコ

野田順子

 

 

 

 

 

 

 

野田順子 ステージ横では、久美浜高校、峰山高校軽音部の有志が音響設備のお手伝い!

秋人

 

 

 

 

 

 

 

 

秋人

ACE

 

 

 

 

 

 

 

ACE

アルケミスト

 

 

 

 

 

 

 

アルケミスト 会場からお題をいただき、お馴染みの即興も歌ってくれました!

アーティストセッション

 

 

 

 

 

 

 

アーティストセッション!

子ども達宣言文

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の保全活動に積極的に参加している地元の小学生たちが、『これからもきれいな琴引浜を守っていきます!』と宣言。

子ども達

 

 

 

 

 

 

 

数年前に島津小学校卒業生が作成した曲『琴引浜によせて』を合唱、「白砂・・・いつまでも鳴き続けてほしい・・・」と歌い上げました。

網高ボランティア部

 

 

 

 

 

 

 

最後に網野高校ボランティア部から、漂着物調査の報告!

網高ボランティア部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長時間にわたる分別作業、お疲れ様でした! 

協賛支援

 

 

 

 

 

 

 

 

25thはだしのコンサート2018は、多大なご支援と多くの方のご協賛・ご協力で運営されています。

ご協力いただきました皆様、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

タグ

2018年6月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:写真集~琴引浜だより~

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。