琴引浜の漂着物調査~ネイチャークラブハウス~

毎月、琴引浜の漂着物調査をされているネイチャークラブハウスの安松さんが、本日Zoomを使ったオンライン取材を受けていました。

Zoomのオンライン取材

 

 

 

 

 

 

 

12月7日に琴引浜で回収した「ライター」「医療廃棄物」「自然からの贈り物」を実際に持参され、特にライターは国別に仕分けしてありました。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

韓国44個、中国37個、日本6個、不明20個

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

自然からの贈り物は、今月は「アオイガイ」と「エイの卵嚢」


 

 

 

 

 

 

 

なんと医療廃棄物も実際漂着します。針がついています。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも医療廃棄物。血液も入っています。危険物の回収作業はより注意が必要です。

漂着物調査をされている安松さん曰く、この時期にこれだけの漂着物は少ない様子。あまり海が荒れていないからのようです。

琴引浜の西の端には、大きな冷蔵庫も漂着していて、回収作業が行われていたとか、、、

より詳しくは「琴引浜通信」で検索していただくと、琴引浜ネイチャークラブハウスのホームページが見られます。

是非、ご覧ください。

タグ

2020年12月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:写真集~琴引浜だより~ 漂着物

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。