漂着物~エボシガイ付き~

毎日清掃活動している琴引浜はとても綺麗ですが、毎日打ち寄せる波と北風によって、いつ何時も漂流ごみが海岸に打ち寄せられます。

エボシガイ付き

 

 

 

 

 

 

 

海を漂う漂流ごみに、エボシガイやフジツボ、海藻が付着し生活しています。

蛍光灯

 

 

 

 

 

蛍光灯にフジツボがぎっしり、鳥の足跡がいっぱいありますが、フジツボをつつきに来たのでしょうか?

流木

 

 

 

 

 

流木にフジツボ

長靴

 

 

 

 

 

 

 

長靴にもフジツボと海藻が、

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

水産用の発泡スチロールウキにもフジツボが、

プラスチック

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック製品です。ウキでしょうか?

ウキ

 

 

 

 

 

 

水産用のウキにも

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

ペットボトルにも

ウキ

 

 

 

 

 

 

 

釣りの道具には、フジツボが付着していました。

ウキ

 

 

 

 

 

 

 

これも釣り関係のウキでしょうか。海藻が付着してます。

タグ

2019年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:写真集~琴引浜だより~

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。