ウミガメ日記

琴引浜にこの時期、衰退したウミガメが打ちあがることがあります。

過去を振り返ると、

2004年1月11日、オサガメ漂着(甲長116cmの雌の子ガメ、死亡漂着)現在は、骨格標本として当館で常設展示している。

オサガメ骨格標本

 

 

 

 

 

 

2012年1月26日、アカウミガメ漂着(甲長15cm、衰弱しているため、温めて様子を見る)2日後、須磨水族園へ届ける。

2012年3月13日、アオウミガメ漂着(甲長30cm、暖かい所では、手足をバタつかせるほど元気)須磨水族園へ届ける。

アオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

アオウミガメ2012.3.13

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月18日、アカウミガメ漂着(甲長約10cm、死亡漂着)詳細はこちら

アカウミガメ2013.1.18

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月24日、オサガメ漂着(衰弱)その日のうちに須磨水族園のスタッフが連れて帰ったが、息絶えてしまった。現在、はく製となって当館にて常設展示中。

オサガメ2013.1.24

 

 

 

 

 

 

 

オサガメはく製

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月13日、アカウミガメ漂着(全長15cm、幅10cm、体重220g、衰弱)日本ウミガメ協議会の指導の下、当館にて、140日間の緊急保護。7月2日、琴引浜沖に放流。

ウミガメウミちゃん保護

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月11日、アオウミガメ漂着(甲長28cm、衰弱)1日保護するが死亡、須磨水族園へ届ける。

アオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月22日、アカウミガメ漂着(衰弱していたが時折声を出していた、前右脚はサメに食べられたのか無かった)須磨水族園へ。

アカウミガメ2014.3.22

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月3日、アカウミガメ漂着(甲長13cm、幅12cm、体重440グラム、前年に引き続き衰退した子ガメが漂着)172日間緊急保護と世話を行い、7月琴引浜沖へ放流した。

コトちゃん保護

 

 

 

 

 

 

 

 

コトちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

コトちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ2、3年琴引浜へウミガメの漂着はありません。

子ガメは海上を遊泳しエサを捕食して大きくなっていきます。大時化になるとウミガメの子ガメが打ちあがることがあります。

ウミガメの生存率は低く、1000匹に1匹の割合で大人になれるとも言われています。厳しい自然界で生き抜く姿に心打たれます。

タグ

2018年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:写真集~琴引浜だより~

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。