今日の琴引浜

今日、12月21日、土曜日。琴引浜は晴れ。鳴き砂は、昨日の雨で湿っていて鳴きません。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

週末ということもあり、多くのサーファーが波乗りを楽しまれていました。

漂着するノリ

 

 

 

 

 

 

 

波打ち際には、地海苔が漂着。

地海苔

 

 

 

 

 

 

 

地海苔

 

 

 

 

 

 

 

寒さが増してくると、岩に海苔が付きます。冬の風物詩ですね~。

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず漂流物も沢山漂着していました。これはガラスの漁業用の電球でしょうか。

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

救命胴衣

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

ロープに海藻が、、、

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

靴にエボシガイが、、、

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

外国からのペットボトル、、、今日もペットボトルのごみが目立ちました。

貝がら

 

 

 

 

 

 

 

貝がらも沢山漂着していました。

打上貝

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな貝が見つかります。大きさは5~15mmほど。

 

2019年12月21日

今日の琴引浜

今日12月20日の琴引浜周辺は雨、北風も強いです。そして、琴引浜は大波で荒れています。沖にも白波が見えます。

ライブカメラでご覧ください。

この波が、鳴き砂をきれいに洗い清めてくれます。

また、漂着物も運ばれてきそうです。ロマンある漂着物が見つかるといいな~。

貝がら・流木・木の実など、今週は、琴引浜でアオイガイも見つけました!大きく欠けていたのが残念!

漂着する時期ですね~。

アオイガイ

 

 

2019年12月20日

漂着物~貝がら・微小貝~

漂着物には、石油製品の困った漂着物が増え続けており、漂着物と言えば「漂着ごみ!」と紹介していましたが、海からの贈り物も漂着しています。

波打ち際

 

 

 

 

 

 

 

これは波打ち際の貝殻が溜まっているところ、よ~く見るとかわいい巻貝が見つかります。

巻貝

 

 

 

 

 

 

クルミも漂着していましたね~

波打ち際

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月14日

漂着ごみ

2019年12月13日の琴引浜の東、夏は「あそびーち」として海水浴で人気の場所です。

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

海水浴シーズンには、眼下に琴引浜と日本海を眺めながら、バーベキュー場も人気!

鳴き砂の海岸である「琴引浜」は、鳴き砂を守るため砂浜でのバーベキューは禁止です。

バーベキュー場

 

 

 

 

 

 

 

砂浜へ降りると・・・、昨日までの大波で漂着ごみが後背地の方へ押し流されていました。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

故意に捨てられたように、ペットボトルの目立つ漂着物

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

韓国、中国のペットボトルが目立ちます。

電球

 

 

 

 

 

 

 

電球も漂着

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクロプラスチックやレジンペレットも沢山見つかります。

砂で埋まる

 

 

 

 

 

 

 

波と風で砂に埋まるプラスチック片・・・

レジンペレット

 

 

 

 

 

 

レジンペレットを拾い集めてみました。500個あります。

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

水産関係のカゴでしょうか?

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂流ごみ

 

 

 

 

 

 

 

後背地

 

 

 

 

 

 

 

後背地の砂山の手前まで波が来たのか、砂山が削れていました。

2019年12月14日

漂着物~エボシガイ付き~

毎日清掃活動している琴引浜はとても綺麗ですが、毎日打ち寄せる波と北風によって、いつ何時も漂流ごみが海岸に打ち寄せられます。

エボシガイ付き

 

 

 

 

 

 

 

海を漂う漂流ごみに、エボシガイやフジツボ、海藻が付着し生活しています。

蛍光灯

 

 

 

 

 

蛍光灯にフジツボがぎっしり、鳥の足跡がいっぱいありますが、フジツボをつつきに来たのでしょうか?

流木

 

 

 

 

 

流木にフジツボ

長靴

 

 

 

 

 

 

 

長靴にもフジツボと海藻が、

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

水産用の発泡スチロールウキにもフジツボが、

プラスチック

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック製品です。ウキでしょうか?

ウキ

 

 

 

 

 

 

水産用のウキにも

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

ペットボトルにも

ウキ

 

 

 

 

 

 

 

釣りの道具には、フジツボが付着していました。

ウキ

 

 

 

 

 

 

 

これも釣り関係のウキでしょうか。海藻が付着してます。

2019年12月6日

浜歩き~鳥の足跡探し~

琴引浜を歩いていて、よく見かける鳥の足跡!

トリの足跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも可愛らしいですね~~

トリの足跡

 

 

 

 

 

 

 

今日は珍しく、羽の跡も見つかりました。大型の鳥のようです。

トリの足跡

 

 

 

 

 

 

 

トリの足跡

 

 

 

 

 

 

 

かなりバタついた後、もしかして、トリも鳴き砂を体験していたとか!

トリの足跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリの足跡

2019年11月30日

漂着物~ペットボトル~

今日の琴引浜の西の端

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

目についたのは沢山の漂着物・・・、特にペットボトルが多く漂着していました。

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見るとどこから流れてきたのか分かります。

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

長旅をしてエボシガイ付きのペットボトルも沢山ありました。

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

砂で埋まりそうなものも・・・

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽くて風に飛ばされ植物の枝や根っこに引っかかったりしている。

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

海流の流れで日本海側には、中国や韓国の漂着ごみがたくさん流れ着きます。

もちろん日本のごみも川から流れ込んで沢山漂着します。

日本で1年間販売されているペットボトル数はさて何本だと思いますか? 500mlのペットボトルだけで225億本だそうです。そのうち日本では88%はリサイクル回収されていると言われていますが、ペットボトルの販売数がとても多いので、未回収のペットボトルが道端や野山で捨てられていたり、自動販売機の回収ボックスから溢れているとしたら、すごい数のペットボトルが川や海に流れ着いていることになります。その数26億本!

2019年11月29日

アオイガイ(カイダコ)

昨日琴引浜で、珍しくもタコの入ったままのアオイガイを発見しました。

この殻を2こ合わせると、植物のフタバアオイ(ハート型)に似ていることから

アオイガイと呼ばれていますが、正体はメスダコです。卵を産んで孵化させる為に

自分で殻を作ります。ちなみに、雄は殻を持ちません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると、殻の中に無数の卵が見えます。

孵化させると母ダコは死んでしまうそうですが、残念ながら孵化前に死んでしまいました。


2019年11月13日

今日の琴引浜

今日11月9日(土)琴引浜の東端です。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

通常だと鳴き砂の浜が広がっているのですが、砂が移動し岩盤がむき出しでした。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

「遊びーち」として、夏の海水浴場の時は賑わっています!

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

今日は波もあり、サーフィンを楽しまれている方が多かったですよ!

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

波が穏やかな時は、磯観察もおすすめです。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

大波が打ち寄せた跡があり、波打ち際が湿っていて砂も鳴かなかったです。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

自然の力はすごいなと改めて感じました。

2019年11月9日

香港教育旅行女子高生の来館

本日11月7日、昨年に引き続き、香港から教育旅行で女子高生20名が立ち寄ってくださいました。

文化館内

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館で鳴き砂について、琴引浜について学びます。

貝殻クラフト

 

 

 

 

 

 

 

続いて、貝殻を入れて作る「まるで海の中みたいなキャンドル」作り体験にトライしていただきました。

貝殻クラフト

 

 

 

 

 

 

 

シーグラスやウニのトゲも上手に利用して、素敵な作品が仕上がりました。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

毎日清掃活動している琴引浜は一見とても綺麗ですが、よ~く見るとプラスチック片が沢山漂着しています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

人工のごみ、石油製品のごみを回収してもらいました。自然のごみ(貝殻・海藻・流木)は回収しません。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック製品のごみは、拾わないと無くならない。土にかえるわけでもなく、水に溶けるわけでもない。小さくなればなるほど回収が困難である。海鳥や魚が餌と間違えて食べてしまい、死に至るケースもあります。

今、世界中の海でプラスチック片が浮遊しています。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

未来を担う若い力でたくさんのプラスチックごみが回収できました!

ありがとうございました。

singing sand も心地よく鳴いていました。いつまでも鳴き砂が鳴き続けられる環境であるように、漂着ごみを減らす活動にこれからもご参加下さい。

2019年11月7日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。