ウミガメ日記

琴引浜にこの時期、衰退したウミガメが打ちあがることがあります。

過去を振り返ると、

2004年1月11日、オサガメ漂着(甲長116cmの雌の子ガメ、死亡漂着)現在は、骨格標本として当館で常設展示している。

オサガメ骨格標本

 

 

 

 

 

 

2012年1月26日、アカウミガメ漂着(甲長15cm、衰弱しているため、温めて様子を見る)2日後、須磨水族園へ届ける。

2012年3月13日、アオウミガメ漂着(甲長30cm、暖かい所では、手足をバタつかせるほど元気)須磨水族園へ届ける。

アオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

アオウミガメ2012.3.13

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月18日、アカウミガメ漂着(甲長約10cm、死亡漂着)詳細はこちら

アカウミガメ2013.1.18

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月24日、オサガメ漂着(衰弱)その日のうちに須磨水族園のスタッフが連れて帰ったが、息絶えてしまった。現在、はく製となって当館にて常設展示中。

オサガメ2013.1.24

 

 

 

 

 

 

 

オサガメはく製

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月13日、アカウミガメ漂着(全長15cm、幅10cm、体重220g、衰弱)日本ウミガメ協議会の指導の下、当館にて、140日間の緊急保護。7月2日、琴引浜沖に放流。

ウミガメウミちゃん保護

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月11日、アオウミガメ漂着(甲長28cm、衰弱)1日保護するが死亡、須磨水族園へ届ける。

アオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月22日、アカウミガメ漂着(衰弱していたが時折声を出していた、前右脚はサメに食べられたのか無かった)須磨水族園へ。

アカウミガメ2014.3.22

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月3日、アカウミガメ漂着(甲長13cm、幅12cm、体重440グラム、前年に引き続き衰退した子ガメが漂着)172日間緊急保護と世話を行い、7月琴引浜沖へ放流した。

コトちゃん保護

 

 

 

 

 

 

 

 

コトちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

コトちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ2、3年琴引浜へウミガメの漂着はありません。

子ガメは海上を遊泳しエサを捕食して大きくなっていきます。大時化になるとウミガメの子ガメが打ちあがることがあります。

ウミガメの生存率は低く、1000匹に1匹の割合で大人になれるとも言われています。厳しい自然界で生き抜く姿に心打たれます。

2018年1月22日

琴引浜周辺の銀世界☆

2018年1月11日(木)午前11時の様子です。昨晩から降り続き、積雪15cmほどでした。気温も低く、氷柱も見られます。

2018.1.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道は除雪されています。

2018.1.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の琴引浜の様子は、ライブカメラでご覧ください。琴引浜ライブカメラ

2018年1月11日

貝がら☆アート

キレイな環境の海には様々な貝が生息し、浜辺に貝がらが打ち寄せます。

貝がら達

 

 

 

 

 

 

 

そんな貝がらを使って・・・

ネジガイ

 

 

 

 

 

 

 

ネジガイで・・・ネジ

ベニガイ

 

 

 

 

 

ベニガイで!

ナデシコ

 

 

 

 

ナデシコガイで!

キサゴ

 

 

 

 

キサゴで琴引浜の“ことひき”を!

キサゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

キサゴは表裏こんな感じで、どちらもかわいいですね!

キサゴ

 

 

 

 

 

 

 

あっ間違えた(-_-)/~ アシヤガイではなく、ほとんどキサゴとバフンウニの殻とマテガイで!

キリオレ

 

 

 

 

これもほとんどは、キリオレガイ科の貝殻です。カニモリガイは含んでいないかも(>_<)

続いて、かわいい貝がらの

貝がらアート

 

 

 

 

 

 

 

これはキサゴの枠☆

貝がらアート

 

 

 

貝がらの線

貝がらアート

 

貝がらの細線

貝がらアート

 

 

貝がらの太線

こんなかわいい貝がらを使って、貝がらクラフト体験にチャレンジしてみませんか?

クラフト手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年内は12月27日まで開館しています。火曜日は休館日です。ご来館お待ちしています。

 

2017年12月24日

雀が歩く砂が鳴く!?

今日の琴引浜は、波がきれいに砂を掃き、美しい砂浜が広がっていました。

砂浜

その昔、スズメが歩いても砂が鳴くと言われていたようですが、この鳥の足跡・・・果たして鳴砂の音が聞けたのでしょうか!?

流木

2m以上ある大きな流木の漂着、波の力のすごさを感じます。

貝がら

少しでしたが貝がらも波で打ち寄せられていました。 自然の美しさは癒されますね~。

**************************************************************************************

こんな貝殻を使用して、手作り体験が人気です。 チャレンジしてみませんか!

クラフト手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝がらを入れて作る「万華鏡づくり」も楽しいですよ!

万華鏡づくり体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2~3ミリの微小貝を見つけて、透明のUVレジン液に閉じ込める「リングペンダント」も人気です。

UVレジンペンダント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約なしでも体験していただけます。お気軽にお立ち寄りください。

お問合せ先 琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 開館時間 9時~5時

休館日 火曜日、年末年始12月28日~1月3日まで休館します。

2017年12月23日

うっすら雪化粧

12月6日朝、昨日の雪が残りうっすら雪化粧。寒い朝となりました。

琴引浜鳴き砂文化館

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館から、琴引浜を望む。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

雪で銀白に染まるのも、もう時期ですね。

2017年12月6日

11月23日「今日の海」

今日の海①

11月23日(木)、「勤労感謝の日」

ぶらりと、海の写真を撮りに出かけました。

今日の海②

この時季としては特に珍しい光景ではありませんが、

荒々しい晩秋の海は迫力満点です。(琴引浜東部)

今日の海③

強い風と、激しく打ち付ける波の音も。(琴引浜西部)

今日の海④

浜の露天温泉も来春までお休みです。

周囲に見える海ゴミが波の大きさを物語っています。

今日の海⑤

海岸道路を少し東へ移動しました。岩場が続きます。

今日の海⑥

目的は「波の花」。まだ寒さが足りないのか、そこまでの

泡立ちは見られませんでしたが、少し舞っていました。

冬の到来間近という感じの「今日の海」でした。

2017年11月23日

7月10日の琴引浜

今日の琴引浜は、波もなく、海水の透明度も高かったです。数組が海水浴を楽しまれていました。

7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、雨降りで午前中は雷も鳴っていました。鳴き砂は雨で湿ると砂が動かないので音が出ません。

しかし、今朝は晴れていたので砂の表面が乾き、乾いた砂を手で払うようにすると“キュッツ”と鳴いていました。

7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月10日

今日の琴引浜

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西、グリーンタフが見学できる場所です。フジツボたっぷりの漂着物を見つけました。

琴引浜海水浴場

 

 

 

 

 

 

 

7月2日(日)琴引浜も海開きが行われました。海水浴場には浮きが張られ、これ以上沖で泳がないように取り組まれています。

海水浴

 

 

 

 

 

 

 

本日7月6日は、ほぼ貸切状態の海岸で海水浴を楽しまれているご家族に出会いました。

鳴き砂体験

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂の鳴かせ方がわからなかったようで、説明すると、見事にキュッキュッ。きれいな砂は音が出るんですね~♪

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな海に、巨大な流木。

2017年7月6日

1日漁師体験始まりました。

毎年7月1日から、1日限定で漁師になれる採捕漁業体験が琴引浜の一部で体験することが出来ます。

本日初日、土曜日、天候曇り、波無し、好条件に恵まれ、多くの体験者が採捕漁業体験を楽しまれていました。

入漁磯の範囲をご確認の上、安全に体験してください。

また、1日漁師証のリストバンドが、ラッシュガードなどで隠れ無いようにお願いします。密漁と間違われないように、良く見えるようにご協力お願いします。

一日漁師証1日漁師体験とは!?(

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下記、写真は今日の様子です!!

1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館では、朝8時30分から、1日漁師証のリストバンドを販売しています。

電話 0772-72-5511

〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津1250番地

2017年7月1日

メディア情報

先日、琴引浜でロケがありました。

番組名 NHK「関西はもっとおもしろい えぇトコ

放送日 平成29年7月1日(土)午前10時05分~45分間

内容は、日本海に面した京丹後市久美浜湾、そして網野を紹介。

【旅人】かたせ梨乃,杉浦太陽,【ナレーション】島よしのり,橋本のりこ

是非、ご覧ください。

2017年6月24日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。