丹後大学駅伝が開催されました

第80回関西学生対校駅伝競走大会が本日、丹後で行われました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

 

7時45分に京丹後市久美浜町浜公園をスタート、フィニッシュは宮津市役所前

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

小雨の中、風の冷たい日の開催となりました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

9時過ぎ1位が通過しました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

続いて、2~4位が通過

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館の前は、第4区の選手です。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

朝から降り続いていた雨も止みだし、どの選手も気持ち良い走りでした。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

白バイも格好いい!

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

出場22チームの白熱したレースとなりました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

気持ちの良い走りを見学させていただきました。

 

2018年11月17日

香港教育旅行2泊3日を琴引浜で過ごす

鳴き砂で有名な琴引浜で環境学習を目的に、香港の女子高校生20名が来丹されました。

香港教育旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目の入村式の様子。京丹後市のご当地キャラ「こっぺちゃん」でお出迎え。女子高生にモテモテのこっぺちゃんでした!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館にて琴引浜及び鳴き砂の学習後、琴引浜にて鳴き砂体験とマイクロプラスチックごみ拾い。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

丹後はこの時期「うらにし」と呼よばれ気候なり砂が湿って鳴かないことが多いのですが、幸運にも恵まれ心地よい鳴き砂体験ができました。

また、レジンペレットやマイクロプラスチックなど、石油製品のプラスチックごみ拾いを行い、漂着物について学びます。

キャンドル作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少貝殻やビーチグラスも見つけてきて、今度は貝殻を入れて作る「まるで海の中みたいキャンドル作り」にトライしました。

キャンドル作り

 

 

 

 

 

 

 

お土産のキャンドルをラッピングして完成です。

民泊体験

 

 

 

 

 

 

 

その後、琴引浜の民宿にて民泊体験をします。

交流会

 

 

 

 

 

 

 

2日目の午前中は、琴引浜にあるネイチャークラブハウスにて琴引浜の魅力と漂着物について、より詳しく学びます。

続いて、高橋友禅さんによるちりめんポストカードづくり、染色体験を行いました。

ちりめんポストカード

 

 

 

 

 

 

 

(完成したポストカードは翌日、レトロな赤ポストから投函です。)

そして、夕食後、地元住民と香港の女子学生と交流会を行いました。

太鼓の練習

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜地区の秋祭りの音頭に合わせて、太鼓のお披露目と練習

太鼓の練習

 

 

 

 

 

 

 

椅子取りゲームや玉入れゲーム、コマ回しなどで交流し楽しく過ごしました。

離村式

 

 

 

 

 

 

 

あっという間の2泊3日。離村式の日がやってきました。

離村式

 

 

 

 

 

 

 

また会える日を願って、そして琴引浜での思い出忘れないでね!

離村式

 

 

 

 

 

 

 

離村式では、日本語で挨拶してくださる学生さんもいて感心しました。

色紙交換

 

 

 

 

 

 

 

お互いに交換しあった色紙には、嬉しいメッセージがたっぷりです。

熱心に話を聞いてくれたりフレンドリーな生徒さんたちと出会えて嬉しかったです。ありがとうございました。

2018年11月9日

本日の団体様

本日は気持ち良い秋晴れの日曜日となり、琴引浜は少し波もあって散策日和でしたね~。

府立大

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂が良く乾いているきれいな場所は、良く鳴きました。まさにmusical sand ♪

生協学生委員会

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の露天風呂も42度ほどの湯加減! 温かくて気持ち良かったですね。

生協

 

 

 

 

 

 

 

足湯も最高! 水着があれば入浴していただけますよ。

足湯

 

 

 

 

 

 

 

さてはて、皆さん何を拾っているのか!? 鳴き砂文化館やネイチャークラブハウスで学んだ「レジンペレット」や「マイクロプラスチック」です。

きれいな貝殻やビーチグラスも拾いたくなりますが、今、プラスチックごみによる海洋汚染が深刻です。2050年には海洋中のプラスチックが魚の総重量を上回るという試算が発表されるほど、汚染は進んでいます。

生協

 

 

 

 

 

 

 

京都市内の大学生ら43名が1泊2日で農村体験ツアーに丹後へご来丹。

まず、琴引浜鳴き砂文化館やネイチャークラブハウスで、鳴き砂について、漂着ごみについて学びます。

その後、貝殻クラフト体験で「マリンキャンドル」お土産づくり。

生協

 

 

 

 

 

 

 

府立大

 

 

 

 

 

 

 

実際の琴引浜へ出て、鳴き砂体験と漂着物探しをしました。

2時間30分と限られた時間でしたが、「琴引浜のすばらしさを知る」「自然の楽しさを知る」「環境問題を考える」など体感できたでしょうか。

またのご来丹をお待ちしております。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月14日

秋の琴引浜をガイド

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

9月21日秋晴れの中、ネイチャークラブハウスの安松夫妻による「琴引浜ガイドウォーク」を体験しました。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者は京都市内の西山自然ネットワークの皆様です。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さんはメモを取ったり興味津々にガイドの説明を聞いていました。

太鼓浜

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜のほぼ中心部の太鼓浜へ移動し、鳴き砂体験をしました。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

鳴かなかった鳴き砂と波打ち際の鳴いた砂の汚れ具合をチェックします。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

浜辺にある露天風呂の温度チェック! 気持ちの良い42度前後でしたね。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

夕方には、水着着用で露天風呂を体験します!

白滝

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西にある白滝。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

途中ごみ拾いもしながら移動します。

ウンラン

 

 

 

 

 

 

 

ウンラン

ハマベノギク

 

 

 

 

 

 

 

ハマベノギク・・・砂浜を這うよう沢山咲いていました。

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウ

アメリカネナシカズラ

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウにアメリカネナシカズラが寄生して葉っぱの色が悪くなっている。

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウ・・・本来はこんなに鮮やかな葉っぱの色である。

モウセンゴケ

 

 

 

 

 

 

 

モウセンゴケ・・・日光が当たっていても乾くことなく年中湿地の岩場で見られます。

映画のロケ地

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西側・・・映画のロケ地として利用されています。釣りバカ日誌5、千年の恋ひかる源氏物語、隠し剣鬼の爪、バルトの楽園、超高速!参勤交代、天地明察など数々の映画とテレビドラマなど人工物のない琴引浜は時代劇のロケ地に最適のようです。

映画のロケ地

 

 

 

 

 

 

 

人工物のない自然海岸

ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

目につくプラスチックのごみを拾いながら散策します。

映画のロケ地

 

 

 

 

 

 

 

松林から見る琴引浜も美しい

この後は、琴引浜の後背地の松林を散策し、山野草など見学、続いて浜へ戻ってレジンペレットやマイクロプラスティック探しをしました。

そして水着に着替えて露天風呂を体験。とても充実した、実のある琴引浜散策でした。

2018年10月8日

琴引浜 白滝神社 秋祭り

琴引浜周辺の掛津地区では、白滝神社秋祭りが執り行われました。

子供御輿

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中には、子供御輿が村中を練り歩きます。

子供御輿03

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からは、太鼓神輿が琴引浜鳴き砂文化館へも立ち寄ってくれました。

集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

集合写真

2018年10月7日

琴引浜“あそび―ち”の紹介

9月に入り、夏の海水浴シーズンも終わりましたが、琴引浜の東にある“あそびーち”を紹介します。

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜が一望できる海水浴場です。

キャンプ場

 

 

 

 

 

 

 

 

日本海を眺めながらキャンプの出来る、あそびーちのキャンプ場

バーベキュー場

 

 

 

 

 

 

 

 

海や砂浜を見下ろしながらのバーベキュー場(有料です!)

禁煙ビーチ

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂の琴引浜を守るため、砂浜は禁煙ビーチです。バーベキューや花火も砂浜では禁止になっています。鳴き砂を守るため、ご協力をお願いします。

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

9月に入っていますが、残暑厳しい毎日のため、海水浴客もちらほらいらっしゃいます。

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

何があったのか!? ビーチに大きな鹿が打ちあがっていました。

あそび―ち

 

 

 

 

 

 

 

あそびーちの鳴き砂もよく鳴いていました!

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウに実がついていました。灰色になるくらいまで枯れてくると、お香のような癒しのいい香りがします。

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

日陰のハマゴウは、まだ紫色の花を咲かせていました。(ピントが合っていなくスミマセン)

以上、あそびーちの紹介でした。詳しくは、ホームページをご覧ください。

2018年9月3日

夏の海浜植物たちの紹介

琴引浜の7月中旬の平日

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

海水浴の方も少なく、のんびりした時間を感じます。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

現在の琴引浜の様子は、琴引浜ライブカメラでチェックできます。

テリハノイバラ

 

 

 

 

 

 

 

テリハノイバラ(バラ科)照葉の薔薇

ハマボウフウ

 

 

 

 

 

 

 

ハマボウフウ(セリ科)浜防風

モウセンゴケ

 

 

 

 

 

 

 

モウセンゴケ(モウセンゴケ科)毛氈苔

ユウスゲ

 

 

 

 

 

 

 

ユウスゲ(ユリ科)夕菅

ノハナショウブ

 

 

 

 

 

 

 

ノハナショウブ(あやめ科)野花菖蒲

スナビキソウ

 

 

 

 

 

 

 

スナビキソウ(ムラサキ科)砂引草・・・白い小さな花が咲き終わったころです。

エゾミソハギ

 

 

 

 

 

 

 

エゾミソハギ(アカバナ科)蝦夷禊萩

コオニユリ

 

 

 

 

 

 

 

コオニユリ(ユリ科)小鬼百合

また、琴引浜鳴き砂文化館では海浜植物を育てています。現在は、トウテイランがきれいに咲いています。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

トウテイラン(オオバコ科)洞庭藍

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウ(シソ科)浪来草

2018年8月10日

琴引浜の露天風呂

京都府京丹後市網野町にある鳴き砂の浜「琴引浜」のほぼ中央部に、なんと水着で入ることのできる“露天風呂”があります。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

 

源泉かけ流しの温泉はとても気持ちいい! ちょっと熱めなので、日焼けした肌は痛いと思います。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

目の前が海で、海水で冷えた身体を温められます。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂のビーチにあるこの温泉に入るには、守り事があります!

①砂を落としてから入浴してください。

②シャンプー・リンス・石鹸の使用は禁止。

③裸での入浴は禁止、水着着用で入浴して下さい。

以上の3点を守ってご利用ください。

また、露天風呂付近の岩場は藻が生えていたりして大変滑りやすくなっています。くれぐれも気を付けて下さい。温泉が出ている時間は、朝8時頃から夕方6時頃までです。

太鼓浜

 

 

 

 

 

 

 

付近には、別名“太鼓浜”と呼ばれている場所があります。この目印の辺りを叩いてみてください。スイカを叩いているような、ポンポン音がします。

白滝

 

 

 

 

 

 

 

露天風呂から西に200mほど歩くと小さな滝が見つかります。年中枯れることのない“白滝”です。

キャンプ場

 

 

 

 

 

 

 

温泉の上には、海を眺めながら松林でキャンプが出来ます。

キャンプ場

 

 

 

 

 

 

 

国指定天然記念物及び名勝の範囲内で、海水浴、露天風呂、キャンプが楽しめます。

2018年8月10日

25thはだしのコンサート2018 応援ありがとうございました。

6月3日(日)晴天の中、海風を浴びながら、琴引浜にて『はだしのコンサート』が今年も開催されました。

漂着ゴミ

 

 

 

 

 

 

 

今年のサブタイトル ~Seve the Earth!マイクロプラスチックから地球を救え!~

分別

 

 

 

 

 

 

 

ビーチクリーンアップでは、多くの方が趣旨に賛同し、琴引浜での漂着物を拾ってくれました。特に石油製品のプラスチックごみを拾っていただくよう、ザルの貸し出しを行いました。

漂着物調べ

 

 

 

 

 

 

 

漂着物にはどのようなものがあるのか! 

シートに分別して嬉しいゴミ(貝がらや高温石英など)、困ったゴミ(レジンペレットやプラスティックの破片など)との違いを知っていただきました。

ボランティア部

 

 

 

 

 

 

 

網野高校ボランティア部の生徒たちが中心となり、『漂着物でワークショップ』、『ゴミリンピック』など運営してくれました。

琴引浜で拾ったゴミを分別し、10個づつ貼り付けている様子。

分別

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみの分別と貼り付けは大変な作業でしたが、一目でどれだけ漂着があったかよくわかります。

JEAN

 

 

 

 

 

 

 

一般社団法人JEAN様のご協力で、マイクロプラスチックの説明紙芝居の展示も行いました。海洋汚染の現状がよく分かります。

重油災害の記録展

 

 

 

 

 

 

 

また、21年前の『ナホトカ号重油流出事故』の当時の様子など、パネル展示を行いました。

はだしのコンサート会場

 

 

 

 

 

 

 

会場を見渡すと、フリーマーケットやフードブースが17店舗。賑わっています。

会場の様子

 

 

 

 

 

 

 

メインステージでは、今年も趣旨に賛同してくださったアーティスト5組とオープニングアクトでは、和太鼓DON、Hula Lehua、、ぱるてぽるてが盛り上げてくれました。

山元サトシ

 

 

 

 

 

 

 

山元サトシfromキッサコ

野田順子

 

 

 

 

 

 

 

野田順子 ステージ横では、久美浜高校、峰山高校軽音部の有志が音響設備のお手伝い!

秋人

 

 

 

 

 

 

 

 

秋人

ACE

 

 

 

 

 

 

 

ACE

アルケミスト

 

 

 

 

 

 

 

アルケミスト 会場からお題をいただき、お馴染みの即興も歌ってくれました!

アーティストセッション

 

 

 

 

 

 

 

アーティストセッション!

子ども達宣言文

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の保全活動に積極的に参加している地元の小学生たちが、『これからもきれいな琴引浜を守っていきます!』と宣言。

子ども達

 

 

 

 

 

 

 

数年前に島津小学校卒業生が作成した曲『琴引浜によせて』を合唱、「白砂・・・いつまでも鳴き続けてほしい・・・」と歌い上げました。

網高ボランティア部

 

 

 

 

 

 

 

最後に網野高校ボランティア部から、漂着物調査の報告!

網高ボランティア部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長時間にわたる分別作業、お疲れ様でした! 

協賛支援

 

 

 

 

 

 

 

 

25thはだしのコンサート2018は、多大なご支援と多くの方のご協賛・ご協力で運営されています。

ご協力いただきました皆様、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2018年6月7日

琴引浜でハルゼミの鳴き声ピーク

この時期(4月中旬~6月中旬)にかけて、海岸松林ではハルゼミが鳴いています。

ハルゼミ

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の後背地松林では、今が最盛期(5月17日)

良く晴れた午前中に鳴き声が聞かれます。

よく鳴く時間帯は、10:30頃まで。午後1時~2時頃はあまり鳴かず、午後3時以降も鳴き声が聞かれる。

鳴き声を基に生体を見つけるのですが、松と同系色のため中々見つけ難いです。

ハルゼミ

 

 

 

 

 

 

 

 

左がメス、右がオス 全長2.5センチ~3センチで立派な成虫です。

春の風物詩「ハルゼミの鳴き声」を聞きに琴引浜へいかがですか。

2018年5月20日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。