アオイガイ(カイダコ)

昨日琴引浜で、珍しくもタコの入ったままのアオイガイを発見しました。

この殻を2こ合わせると、植物のフタバアオイ(ハート型)に似ていることから

アオイガイと呼ばれていますが、正体はメスダコです。卵を産んで孵化させる為に

自分で殻を作ります。ちなみに、雄は殻を持ちません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると、殻の中に無数の卵が見えます。

孵化させると母ダコは死んでしまうそうですが、残念ながら孵化前に死んでしまいました。


2019年11月13日

今日の琴引浜

今日11月9日(土)琴引浜の東端です。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

通常だと鳴き砂の浜が広がっているのですが、砂が移動し岩盤がむき出しでした。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

「遊びーち」として、夏の海水浴場の時は賑わっています!

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

今日は波もあり、サーフィンを楽しまれている方が多かったですよ!

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

波が穏やかな時は、磯観察もおすすめです。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

大波が打ち寄せた跡があり、波打ち際が湿っていて砂も鳴かなかったです。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

自然の力はすごいなと改めて感じました。

2019年11月9日

香港教育旅行女子高生の来館

本日11月7日、昨年に引き続き、香港から教育旅行で女子高生20名が立ち寄ってくださいました。

文化館内

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館で鳴き砂について、琴引浜について学びます。

貝殻クラフト

 

 

 

 

 

 

 

続いて、貝殻を入れて作る「まるで海の中みたいなキャンドル」作り体験にトライしていただきました。

貝殻クラフト

 

 

 

 

 

 

 

シーグラスやウニのトゲも上手に利用して、素敵な作品が仕上がりました。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

毎日清掃活動している琴引浜は一見とても綺麗ですが、よ~く見るとプラスチック片が沢山漂着しています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

人工のごみ、石油製品のごみを回収してもらいました。自然のごみ(貝殻・海藻・流木)は回収しません。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック製品のごみは、拾わないと無くならない。土にかえるわけでもなく、水に溶けるわけでもない。小さくなればなるほど回収が困難である。海鳥や魚が餌と間違えて食べてしまい、死に至るケースもあります。

今、世界中の海でプラスチック片が浮遊しています。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

未来を担う若い力でたくさんのプラスチックごみが回収できました!

ありがとうございました。

singing sand も心地よく鳴いていました。いつまでも鳴き砂が鳴き続けられる環境であるように、漂着ごみを減らす活動にこれからもご参加下さい。

2019年11月7日

今日の琴引浜

今日10月31日の琴引浜は晴れ。良いお天気で浜を散策される方も多く、足跡がいっぱいです。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

夕方、4時30分ごろの琴引浜。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂もとても良く鳴きました。琴引浜鳴き砂文化館のfacebooKで動画をアップしますので見てくださいね!

午前中は、台湾教育旅行関係者様のファムトリップで琴引浜を散策していただきました。

ネイチャクラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜付近にあるネイチャクラブハウスで、琴引浜や漂着物について学びました。

台湾ファムトリップ

 

 

 

 

 

 

 

昨日作成した「丹後ちりめんハガキ&染色体験」、昔懐かしいレトロポストへ投函します。

台湾ファムトリップ

 

 

 

 

 

 

 

地元ガイドと一緒に記念写真。

琴引浜では、鳴き砂・微小貝・漂着物などから、自然環境について学びます。次回は、台湾の生徒さんと一緒に学習できることを楽しみにしています。

2019年10月31日

貝殻拾い

10月20日頃、琴引浜で見つけた貝殻

タカラガイ

 

 

 

 

 

 

 

人気のタカラガイ。1.5㎝前後のサイズが見つかります。上手に吹くと“ピー”っと音が出るんですよ!その時は飲み込まないように要注意です!!

ナデシコガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナデシコガイ、色鮮やかですが自然の色です! サイズは0.5cm~2.5cmくらい、とてもかわいい貝殻です。

キサゴ

 

 

 

 

 

 

 

沢山のキサゴが見つかりました。サイズは、0.5cm~2cmくらい、裏面もおしゃれな貝殻。

ウニの殻

 

 

 

 

バフンウニやムラサキウニの殻、サイズは、0.3cm~7cm。特に小さなサイズは脆いのでクラフト向けではありませんが、かわいいですね~~~

コメツブウニ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメツブウニ、サイズは0.2cm~0.5cmほど。

2019年10月22日

夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは昨日の午後5時半ころの夕焼け。思わず携帯でパシャリ。

残念ながら多少ピントが合っていません・・・

一年に一度あるかないかの、思わず息を呑む美しさ!

右に写っている庇は文化館です。


2019年10月21日

今日の琴引浜

昨日の豪雨で砂は湿っていて午前中は鳴き砂も体験できなかったようですが、午後からは、乾燥している砂の表面を手で払うと、鳴き砂も良く鳴いていました。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の午後3時頃の琴引浜です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

松林では、キャンプを楽しむ方もおられました!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

清掃もされて大きな漂着ごみも少なく、綺麗でした。が…

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

プラスチックの欠片がものすごい量で見つかります。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

レジンペレットやマイクロプラスチックごみがわかりますか?

土にかえるわけでもなく、水に溶けることもありません。拾って回収しないと無くなりません。しかし、回収は大変困難です。まずは、マイクロプラスチックになる前に大きなプラスチックごみを拾うことから始めています。

2019漂着物グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月3日には、琴引浜でも漂着ごみ調査が行われます。

2019年10月20日

琴引浜 白滝神社 秋祭り

台風19号の影響で秋祭りの開催が危ぶまれましたが、13日は晴れてくれて何とか執り行われました。

秋祭り

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中は子供御輿が村中を練り歩き、午後からは太鼓神輿が鳴き砂文化館へ立ち寄っていただきました。

2019年10月14日

水晶浜の現状

琴引浜の西隣の浜、水晶浜を紹介します。

水晶浜

 

 

 

 

 

 

 

 

わずか140mほどの小さな海岸です。

水晶砂

 

 

 

 

 

 

 

 

砂粒は大粒の水晶砂、きらきら光ってとても綺麗です!!

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

山の麓にある自然なままの海岸です。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

漂着物を取り除くには、船による回収作業となります。

外国の漂着物

 

 

 

 

 

 

 

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

国内のごみも沢山漂着していますが、外国からの漂着物も目立ちました。

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみにも負けず、海浜植物が花をつけていました。ハマゴウです。そろそろ花の時期も終わり、お香の香りがする実をつけ始めます。

ハマニガナ

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマニガナ、浜を這うように咲き、葉っぱはイチョウの葉に似ています。

スナビキソウ

 

 

 

 

 

 

 

スナビキソウ、初夏には白色花を咲かせます。スナビキソウの蜜を求めてアサギマダラも飛来します。

遊歩道

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道からの景色。透き通る海は美しい!

遊歩道

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道から八丁浜を眺める。

小浜海水浴場

 

 

 

 

 

 

 

 

小浜海水浴場から徒歩約10分で、水晶浜に到着します。

琴引浜からは万畳山を越えていくので、アップダウンがあり徒歩約30分程で到着します。

2019年9月14日

栽培中のトウテイラン満開

琴引浜鳴き砂文化館では、日本固有種『トウテイラン』絶滅危惧種の海浜植物を育てています。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

7月の中旬から9月にかけて青紫の花を咲かせます。観賞していて涼やかですよ。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

京丹後市の浜にも指定されている『トウテイラン』美しい花です。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

自然界では、海外種や笹などに追いやられ絶滅が危ぶまれていますが、本当に強い花です。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

半日日陰がよさそうですが、カンカン照りの畑でもたくましく花を咲かせてくれます。

トウテイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

当館では、トウテイラン苗を販売しています。1株200円!

2019年7月30日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。