tango海岸風景 写真展

開催期間  平成26年2月5日(水)~3月2日(日) 9時~17時

開催場所  琴引浜鳴き砂文化館 1F

写真展2014

 

 

 

 

 

 

 

立岩

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は1月 丹後町を代表する“立岩” 周囲約1km、高さ20mにも及ぶ1枚岩が、沖からの強風が波をあおり、立岩を軽々と越してしまった瞬間の一枚。

雷光

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は6月 午後10時頃 雷雲が西から移動しているので待ったいました。雷光を撮影するのは比較的簡単ですが、雷光が海面に反射する瞬間をとらえるのには技術が必要です。

海と雷 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年前の8月 早朝4時頃 沖から雷雲が近づいてきたのでチャンスを窺って撮影に成功しました。この写真は、避雷針メーカー主催の第6回雷写真コンテストで金賞を受賞しました。

夜光虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年4月から6月頃に夜光虫が見られます。夜光虫は刺激を与えないと発光しません。漁火や街の灯りが少しでも入り込むときれいに撮れません。

写真家中江氏

 

 

 

 

 

 

 

長年にわたり、間人(たいざ)海岸海景を撮り続けた、中江氏の力作、19点の展示です。潮風でカメラを数台駄目にしたとか…。

荒れる日本海

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日を狙って撮影。現像してみてビックリ。まるで波が天にも昇る竜のように取れていました。カニのつぶやき

 

 

 

 

 

 

 

題して「カニのつぶやき」。カニは泡を出して体内の汚れを出します。今では、獲れたカニを船上ですぐに冷水機に入れ泥を吐かせます。このように、もう泡を吹くことがなくなりました。撮ろうと思っても、もう撮れない1枚です。

タグ

2014年2月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。