7/22 アブラゼミ羽化観察会

離湖公園にて

7月22日、琴引浜からほど近い離湖(はなれこ)公園

にて「アブラゼミ羽化観察会」を開催。

講師は“セミ博士”、嶋田勇氏にお願いしました。

まずは、セミの生態について説明を受けます。

セミの幼虫を探す

午後7時30分頃になると暗くなってきました。

セミの羽化は夜。天敵(小鳥)から身を守るためです。

「セミの幼虫を捜して下さい」の掛け声と同時に33名

の参加者が一斉に、立木の幹、根元付近を捜すと・・

地面から

地中から這い出てきたばかりの幼虫を発見。

木の幹に

コンクリートにも

あちこちから「おったー!」という子供たちの声が。

コンクリートの表示板にまでいました。

嶋田氏によれば「立っているものなら何でもいい」そう。

皆で観察

この日は、本当に沢山の幼虫が出てきました。

この木は観察しやすそうです。

羽化①

羽化②

幼虫の動きが止まり、しばらくすると背中に割れ目が

でき、羽化が始まります。感動の瞬間。

皆で観察①

 皆で観察②

その様子を大人も子供も興味深く観察します。

セミの血の色は

中には、羽化に失敗して落下するセミもいました。

そっと木に戻してやりましたが、その際、羽に傷を負って

しまったようで、羽の先端に体液のようなものが見えます。

嶋田氏によれば「セミの血液は緑色」なのだそうです。

取材

地元ケーブルテレビが取材に来てくれました。

感想を聞かれ、緊張の面持ちです。

羽化直後

羽が山型に

羽化直後は羽が水平ですが、しばらくすると山型に変化

してきます。この状態になれば「羽化完了」。

朝までには、体の色も茶色くなり、飛ぶこともできるそうです。

午後9時半頃

観察会は午後9時で終了し解散しましたが、片付けをし、

帰る頃(9時半頃)に、もう一度周囲を見てみると、

御覧の通りの羽化ラッシュ。

何れにせよ、良い観察会になりました。

タグ

2018年7月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。