館長日記

外観s

5月19日、兵庫県豊岡市の「コウノトリ文化館」を訪れました。

剥製s

左端がコウノトリ。右横は主にヨーロッパに生息する、クチバシの

赤い種で「シュバシコウ」というそう。よく似てます。

館内からs

館内からもビオトープ(生物生息空間)を見学できます。

ビオトープs

たくさんのコウノトリがいて驚きました。9羽は常時いるそう。

飛来s

3時の給餌時間になると、さらにたくさんのコウノトリが集まってきます。

きっと、体内時計があるのでしょう。

丘の上からs

丘の上から眺めると御覧のとおり。中にはサギの姿も。

1971年に国内のコウノトリは絶滅しましたが、2005年からの

野生復帰に向けた取り組みが成功し、現在では70羽以上にまで増えているそうです。

近くに住んでいながら、なかなか訪れる機会がありませんでしたが立派な施設でした。

皆さんもぜひ訪ねてみてください。 琴引浜鳴き砂文化館もよろしく。

 

タグ

2015年5月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。