視察に行ってきました

三尾大島

見事な柱状節理が見られる三尾大島。

ごとく岩

三本脚の奇岩「ごとく岩」。

二種の岩質

左右の異なる性質の岩が接している岩肌。

釣り人

その近くでは、釣り人の姿も。

此処は一体どこ? 

下荒洞門

神秘的な青い洞門。  正解は兵庫県新温泉町です。

いわつばめ洞窟

浜坂港から遊覧船に乗り、但馬海岸沿線のジオサイトを

視察させて頂きました。

見事な操舵技術で洞窟に入ります。

谷本館長

「この海岸線を見るだけで、日本列島誕生の歴史が解る」

案内して下さったのは山陰海岸ジオパーク館の谷本館長。

地磁気逆転の話

職員研修の目的で、今年は「山陰海岸ジオパーク館」に

お邪魔しました。海岸沿線から館内に至るまで、丁寧に

解説していただき、勉強になりました。

玄武洞の石で地球磁場の逆転現象を学んでいるところです。

工夫を凝らした実験器具

館内には、谷本館長のお手製と思われる興味深い実験器具

がたくさんあり、楽しみながら学べる体験型学習施設と

なっています。

地質地図

これは山陰海岸ジオパークエリアの地質地図。

ぜひ当館にも一枚欲しいと思った一品。

この日は休館日でしたが、臨時開館していただきました。

ありがとうございました。

なごみてえ

次に訪れたのは、豊岡市竹野町にある「なごみてえ」。

竹野浜の自治会が運営する地域活動拠点施設として、昨年

4月にオープン。築100年の古民家を改造したそうです。

流木を組む

訪れた目的は、この施設で実施している「手作り体験」。

一番人気は「流木と和紙で作るランプ」作り。

自治会長の濱上さん(写真)やスタッフの方が丁寧に

指導してくれました。

作業開始

流木という不規則な形状のため、和紙を張り合わせる作業

は結構大変です。

完成

完成後に明りを灯してみると、とても味わい深い

ランプになりました。

当館でも、流木は手に入りますので、参考にさせていた

だきたいです。

という事で、今回の職員研修はとても充実した内容でした。

 

 

 

タグ

2017年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。