琴引浜の漂着物調査

11月3日に行われた琴引浜の漂着物調査を展示しています。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

約30名で琴引浜の中央部、30mの幅で350mの砂の上の漂着ごみを収集しました。

グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

海藻・流木・貝殻など自然分解できるごみは拾いません。人工の石油製品のごみ(自然分解に時間がかかり回収しないとずっと存在し続けるごみ)を拾い集めます。

仕分け

 

 

 

 

 

 

 

約1時間かけて収集し、次は分別です。約2時間かけて網野高校ボランティアの生徒が協力してくれました。

種類別

 

 

 

 

 

 

 

さらに詳細に30年以上漂着物調査をしている、琴引浜ネイチャークラブハウスの安松さんに仕分けしていただきました。破片を見るだけで、医療廃棄物・漁具・花火の燃えカス等わかるものは仕分けされていました。

漂着ごみ調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類分けを見ると、ダントツに硬質プラスチックごみが多く、生活用品のプラスチッごみが多いことがわかります。

そして、ゴミをよく見ると韓国・中国のロゴが残っていて、漂流して日本海の沿岸に漂着するごみの多さを感じました。

11月の琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

日頃、清掃活動をしている琴引浜は一見きれいです。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

大きなゴミは毎日回収しています。水産の漁網・ロープ発泡スチロールウキなど目立ちます。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の駐車料金兼清掃協力費は、この漂着物回収費用に充てています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

約1800mの琴引浜だけでこのゴミの量です。そしてよく見ると、5ミリほどのマイクロプラスチックが砂浜に残っています。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

ザルで拾い集めると…多くのごみが見つかります。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

川や海、山に腐らないごみがこれ以上増えないように、人間が出したごみがこれ以上増えないように、取り組む必要があります。

タグ

2019年11月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。