漂着物~in水晶浜~

峰山高校の探究活動で漂着物を調べるために、水晶浜に…

※水晶浜とは、琴引浜の西に万畳山(標高101m)があり、その麓の一部に140mの小さな海岸のことです。

水晶浜 海

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小浜からの遊歩道を歩き、浜に降りてみると、天気も良く海はとても綺麗でした。

しかし、振り返ってみると…

水晶浜 漂着物2

 

 

 

 

 

 

 

 

人の手がほとんど加わっていないため、漂着物が山のように浜に流れ着いていました。

琴引浜は毎日清掃が行われているため、綺麗に保たれていますが、放置すればこうなってしまうのでしょうか。

水晶浜 漂着物1

 

 

 

 

 

 

 

 

近くに寄ってみると、発泡スチロール製のウキやペットボトル、サンダルなど沢山のものが見られました。

原型をとどめていないものもありますが、文字の読めるものを見てみると、日本はもちろん韓国や中国、なんとロシアのものまで見つけられました。

綺麗に見えた砂浜をよく見ると、プラスチック破片やレジンペレットが混じっていました。こういったものを海洋生物が食べてしまい、生物濃縮され、私たちが知らぬ間に体内に取り込んでいると考えると、とても恐ろしいことだと思います。

まだまだ知るべきことがたくさんあり、それを周知していかなければならないと思います。探究活動はまだまだ終わらない…(峰山高校2年 探究活動Tさんの報告でした!!)

タグ

2019年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。