漂着ごみ調査 in 琴引浜

昨年11月3日曇り空の下、9時~12時の間、日本海に面する『琴引浜』海岸にて、漂着ごみの調査をしました。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者は、琴引浜の鳴り砂を守る会10人・網野高等学校ボランティア部8人・峰山高等学校教師3人・京都教育大学教師3人、総勢24名です。

漂着ごみ分別

 

 

 

 

 

 

 

拾い集めたゴミは、大袋2袋。常に漂着ごみの清掃をしている場所で調査を行ったので、近隣の海岸に比べると相当少ない量です。

清掃した範囲は、距離 300m、奥行き 30m(マイクロプラスチックの調査を行った範囲は、10m×30m)

分別作業

 

 

 

 

 

 

 

2時間は、漂着ごみ拾い、残り1時間は、ゴミの分別作業を行いました。

種類分け

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜ネイチャークラブハウス主宰の安松貞夫館長に、更に細かく分別していただきました。

種類分け

 

 

 

 

 

 

 

食品の容器(プラスチックと発泡スチロール)生活用品のフタ(プラスチック)、生活雑貨、物流のバンド、梱包材、水産のロープ・ひもなど、量の多さと手間には驚いた。との感想でした。

グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

ネイチャクラブハウスの安松館長が仕分けしたごみを文化館が譲り受け、展示しています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硬質プラスチック片は700個を超え、発泡スチロール破片や食品容器発泡スチロール破片など余りの多さで、折角の仕分けしていただいたのに、このように容器にまとめてしまいました。

琴引浜海岸

 

 

 

 

 

 

 

参加者の感想では、『琴引浜は管理の方が掃除をされているので漂着ごみももっと少ないものと思っていました。拾い集め分別や整理をするのはとんでもないことだと気づきました。』

『10月末に台湾の修学旅行下見にお越しになられた先生方と交流しましたが、海ごみについてかなりの関心を持っておられるご様子でした。』

毎年、11月の上旬に、10m×30mの漂着ごみ(人工物のみ)調査を行っています。ご興味のある方は、一緒に活動しませんか?

【お問い合わせ先】 琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 担当:松尾

 

タグ

2020年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。