浜の温泉(琴引温泉)

琴引温泉は30年ほど前にキャンプ場(太鼓浜上の松林内)で掘削した結果発見されたものです。

地下651mからポンプで汲み上げるており、温度45,2℃、泉質は含食塩硫黄単純泉で無味無臭です。

春、砂に埋まった湯舟を掘り出して温泉はスタートします。

そして、うらにしで荒れ狂う波で、砂が風呂を埋まればここの温泉は終わりです。

春から秋にかけて、いつも温泉が出ているわけではありません。いたって気ままな温泉です。

温泉を出すか出さないかは、琴引浜の管理人の気分しだい?

浜にお客さんがいらっしゃるようであれば、ポンプのスイッチを入れます。

ですが、7月初旬から8月下旬頃の間は、朝10時から夕方6時頃までほぼ毎日入れます。

ポンプが動いている間、温泉が流れでるので「かけ流し」状態になり、派手に吹き出します。

入浴料はいりませんが、鳴き砂を守る環境保全のため、清掃協力費として駐車料いただいております。

鳴き砂保全のため石鹸、シャンプーは禁止が条件で着替えの場所はなく、水着をきて入る温泉です。

今、流行の足湯で、のんびりと楽しまれるのもお勧めです。

 春分の日から秋分の日までの間、夕日は海に沈みます。

秋分の日以降は、夕日は南に移るので岩盤がじゃまをして、海に沈む光景は見えなくなります。

これからのシーズンは海水浴やキャンプとともに、浜の温泉につかり沈みゆく夕日を眺めに、是非、琴引浜にお越し下さいませ。

 

 

 

タグ

2011年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。