山陰海岸ジオパークフェスティバル2017

会場全景

恒例の「山陰海岸ジオパークフェスティバル2017」

「但馬まるごと感動市」が11月11、12日の両日、

但馬ドームにて開催されました。

初日の文化館ブース

毎年10万人(2日間で)の来場者があるというこの

催し、今年も出展しました。京都府からは当館だけ。

鳴き砂体験 微小貝探し

「鳴砂」でドレミの音階が作れる、おもしろい体験(上)。

2~3mmの小さな巻貝「微小貝」を探すコーナーは、

毎年 大人気。

お土産品

琴引浜の貝のお土産も少し販売させていただきました。

クイズラリーの問い

クイズラリーに挑戦

各ブースには、出展者に因んだ問題が貼られており、クイ

ズラリーに挑戦することができます。

「鳴き砂の主成分は?」というのが文化館ブースの問題。

ご存知ですか。

玄さん

オオサンショウウオ

イベントの盛り上げ係「玄武洞の玄さん」は人気者。

先々で記念撮影をねだられますが、嫌がる事なく神対応。

もう一人(一匹)の人気者が、このオオサンショウウオ。

但馬地方の清流域に生息していることは有名ですね。

どちらさんもご苦労様です。

二日目のブース

微小貝探し②

二日目は隣のブースが空いたため、倍の広さに。

でも、「微小貝探し」のテーブルはこれだけなので、

相変わらずの混雑ぶり。来年はもっと広いスペースを

確保しますので、また来てくださいね。

 

タグ

2017年11月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。