夜光虫ってご存知ですか?

海洋性プランクトンが大発生する時期にだけ見ることが出来ます。夜に刺激を受けると青白く発光します。

赤潮

 

 

 

 

 

 

 

日中は、赤潮と呼ばれ、トマトジュースのように海を赤く染めます。あまりに量が多い場合は臭うこともあります。

赤潮

 

 

 

 

 

 

 

 

岩場に寄ってきた赤潮は移動しにくいので、日中赤潮が発生した場所を見つけて、夜に出掛けるのをお勧めします。

赤潮

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜では、4月の中旬から5月中旬頃まで、夜光虫を見ることが出来ます。

でも、自然のことなので、夜に現地へ行っても夜光虫が移動し見られない場合もあります。

夜光虫模型

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、夜光虫の拡大模型です。

大きさは1mmほどでほぼ透明。よく見ると肉眼で点状に確認できます。夜、青白く光る夜光虫は、とても神秘的です。

刺激を受けて光を放つので、小石を投げたり、長靴で波打ち際を歩くのもお勧めです。まるで宝石箱の中を歩いているかのようです(^^)

夜の琴引浜へのお出掛けには、懐中電灯が必要です。足元などにお気をつけて夜光虫をご覧ください。

琴引浜たより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜たより

タグ

2016年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。