台風の爪痕

大量の葦

9月17日夜、台風18号が丹後半島を直撃しました。

大変な豪雨のため、いたる所で土砂災害、浸水被害が

発生。

流木なども

こんな時には、近隣の河川から、大量の流木や葦が海に

流れ込みます。2~3日後に、台風の余波による大波で

それらが海岸沿線に打ち寄せられ御覧の状態となります。

清掃作業

波が少し落ち着いた頃、区民による清掃作業が始まります。

区民による浜清掃

レーキなどでかき寄せた葦や藁などを運搬車に乗せ

運び出します。

積み込み作業

クローラーという運搬車が大活躍。琴引浜には2台の

クローラーがあり、普段の清掃作業で使用しています。

この日は、特別に3台使用しました。

流木

大きな流木は積み込むのも大変。

岩場付近での作業

岩場付近での作業風景。重労働です。

集積場

集積場に運び込まれた、漂着ごみの山。まだ一部です。

清掃後の浜の様子

総延長1,8km。日本でも最大級の「鳴砂」の浜。

台風後は特別ですが、清掃作業の大変さが少し分かって

頂けましたでしょうか。

 

 

タグ

2017年9月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。