京都自然系博物館誘致と旧学校舎の活用セミナーが開催されました。

本日、琴引浜鳴き砂文化館にて、元大阪市立自然史博物館館長・橿原市昆虫館友の会会長の宮武賴夫氏をお招きし基調講演が行われました。

人と自然の共生ネット講演会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

 

今日の基調講演では、「自然系博物館の役割と地域とのつながり」「未来への課題~自然系博物館がないとどうなるか、京都自然系博物館のこれからは?」「生物多様性の教育と里山整備からの保全~橿原市昆虫館友の会と虫いっぱいの里山づくり隊の活動の紹介」をお話しいただきました。

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

続いて、京都府環境部自然環境保全課主任の小田嶋成徳氏の講演と、主催者『人と自然の共生ネット』会長の森豊彦氏の講演がありました。

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

 

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

 

講演後は、主催者・お招きした先生方・参加者と意見交換会、談話会を行いました。

自然系博物館の重要性について、参加者と深い話がもてました。

 

タグ

2018年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。