京丹後でジオガイド研修(城島)

城島

先月に続き、京丹後でジオガイド研修。

今月は丹後町間人(たいざ)、“城島”で実施されました。

間人、“たいざ”と読みます。「間人ガニ」で有名です。

井戸跡

聖徳太子の母“間人(はしうど)皇后”が、争乱を避け身を

寄せた地として有名で、この地を去る(退座)とき、名

を残したことに由来する地名と伝えられている。

城島近くに「御所の坪」と呼ばれる住まいがあったとも

いわれ、古い井戸跡も残っている。

橋

陸続きのように見えるが、“島”。

説明パネル

橋を渡ったところにある「説明パネル」。

神社

水天宮の神社もあり、海の安全を祈願したしたそう。

さて、一行はこの辺りから「探検隊」に変身。

怪しい岩肌

「怪しい岩肌」を発見。

火炎状構造

少し判りづらいですが、二つの岩層の境に炎の揺らめき

のような文様が見られます。「火炎状構造」。

地層の傾斜や動きなどが判定出来るそう。

ドーム構造

この島で見られる大きな「ドーム構造」の断面。

案内して下さるのは先月に続いて小滝篤夫先生。

痕跡を探す

周辺には到る所に大小の「ドーム構造」が見られる。

10万年以上前、この辺りでどのような地殻変動があったの

かが予測できる。

この穴は?

この岩肌にある綺麗な丸い穴は何だと思います。

これ「穿孔貝」という二枚貝が開けた穴だそうです。

話を聞いて“ビックリ”。

その貝は今もいるそうですが、これは古い時代の物。

天然プール

近くに「間人小学校」がある。

校舎裏手の岩場には珍しい“海水プール”があります。

ジオパークの“名所”になりませんでしょうか。

 

来月は、お待たせしました≪立岩≫周辺を探索します。

ご期待下さい。

タグ

2018年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。