丹後震災追悼供養会実施

海蔵寺

3月7日、掛津区 海蔵寺に於いて「平成30年丹後大震災

犠牲霊位追悼供養会」が実施された。

昭和2年3月7日、18時27分 丹後地方をM7,3

震度6の大地震が襲い2,900名余の死者がでる大災害

となった。

震災供養会

掛津、遊(あそび)両区においても、大半の家屋が倒壊し、

判明しているだけでも33名の尊い命が失われた。

犠牲者の霊を供養する目的で毎年実施されている。

18時27分、サイレン吹鳴に合わせ黙祷。

南修氏

追悼法要終了後は地元の“読み聞かせボランティア”南修氏

によって「丹後震災回想録集」から3編朗読して頂いた。

生々しい状況を耳にし、胸が詰まった。

朗読に耳を傾ける子供ら

子供たちも参加し、朗読に耳を傾けた。

このようにして語り継がれていく事が必要なのだと感じる。

このあと、防災ビデオの上映や、地元婦人会さんらによる

炊き出しなども訓練を兼ね実施された。

「大震災100年周期」ともいわれる。

91年が経過した。 対策は十分か自分に問いたい。

 

タグ

2018年3月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。