丹後がさらに近くなりました

水戸谷トンネル

丹後がさらに近くなりました。

山陰近畿自動車道(京都縦貫道直結)が延伸され京丹後市

の大宮町に新しいインターチェンジが今月末(10/30)

開通します。

トンネルウォーク

開通を祝うプレイベントが10/15開催され、開通後は

立ち入ることのできない道路上でトンネルウォークや

パノラマウォークを楽しもうと、1,200人の参加者が

集まりました。

鳴き砂文化館展示ブース

また、「にぎわいトンネル市」として、フードブースや

地場産品の展示販売、丹後の見どころ紹介ブースなどが

トンネル内に並びました。

わが鳴き砂文化館も出展し「琴引浜の鳴砂」を紹介しました。

鳴き砂体験

まずは「鳴砂」。

鉢の大きさや砂の量で音階を作ることができる

通称「ドレミセット」。

ウォーキングを楽しむ人も足を止め、音を確かめます。

微小貝

2~3ミリの小さな巻貝「微小貝」。

奇麗な海を象徴する“生き物”の一例です。

微小貝観察

微小貝を観察するコーナーは子供たちに人気。

「わー! なにこれ」 「奇麗!!」

微小貝探しコーナー

というわけで、隣に微小貝を探すミニコーナーを設けました。

お土産品

少しですが、琴引浜らしいお土産品の販売もさせて頂きました。

奇麗な貝類が人気でした。

開通後はぜひ琴引浜へ来てください。カニの解禁間近です!!

タグ

2016年10月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。