メジナとキュウセン

メジナ

吾輩はメジナである。名前はまだない。

どこで生まれたか頓と見當がつかぬ。 がっ、今は

鳴き砂文化館の水槽で暮らしている。

名前こそないが関西では“グレ”と呼ばれ、磯釣りの

対象魚として人気があるらしい。

ここにやってきたときは、まだ、ガキだったが、今じゃ、

すっかり、メタボのオヤジになっちまった。

 

「もう一回り大きな水槽買ってくれー!!」

 

それと、この水槽にはもう一匹、相棒がいるんで

紹介させてくれ。

キュウセン

彼女って訳じゃないんだけど、結構美人だろ。

キュウセンっていうベラ科の魚なんだ。

丹後では“嫁さん”なんて呼ばれたりすることもあるんだけど、

こいつには、ちょっとヤバいところがあって、迂闊に

声掛けられないんだ。

っというのも、中には、オスに性転換するのがいて、

あとで結構ややこしくなることもあるんだよ。

 

でも、今んところは少し距離を置きながら、なんとかやって

るんで、文化館に来たら水槽をのぞいてみてくれよな。

 

それまでに、腹回り、もうちょっと絞っとくわ。

じゃーな。

 

タグ

2018年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。