マイクロプラスチック調査

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

2月18日の琴引浜、大きな漂着ごみは回収され、きれいに清掃されています。

マイクロプラスチック

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、よく見ると小さなプラスティック製品の欠片がいっぱい散乱しています。

漂着ごみ調べ

 

 

 

 

 

 

 

 

1m四方の中から、どのくらいのマイクロプラスティックごみが見つかるか調査してみました。

プラゴミ

 

 

 

 

 

 

 

レジンペレット11個、プラスチック破片46個。

マイクロプラスチック

 

 

 

 

 

 

 

もう1ヶ所の1m四方からプラスチックごみを回収しました。

レジンペレット17個、マイクロプラスチック40個。

調査をしてみて、

①プラスチック破片は細かくなると色によっては(特に白色)貝殻の破片かどうか見わけが難しい。

②燃えたプラスチック破片は、石なのかどうか見わけが難しい。

③レジンペレットも風化して艶や形がいびつになったものは、石かどうか見わけが難しい。

④渚で磨かれる前のガラスの欠片は、鋭利で危険であった。

⑤発砲スチロールの細かなものは、見つけにくく回収できていないような気がする。

 

タグ

2019年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。