ナショナルトラスト「会員の集い」開催

奈良ホテル

琴引浜鳴き砂文化館は公益財団法人日本ナショナルトラスト

(JNT)によって整備された施設。ヘリテイジセンター

と呼ばれており全国に9施設あります。

年に一度「会員の集い」が催されますが、

今年の会場は、なんと「奈良ホテル」。

見学会

創業108年の歴史を持ち「関西の迎賓館」とも呼ばれる

老舗ホテル。建物は木造で、文化財としての価値を持つ。

“集い”に先立ち、支配人さんの案内で見学会が開かれた。

客室の壁に掛けられた絵画も聴けば驚きの逸品。

大階段

ぎぼし

ロビー脇から二階へ延びる大階段。手摺の擬宝珠(ぎぼし)

は奈良ホテルの名物の一つだそう。

上村松園

アインシュタインが弾いた

客室の絨毯

スチーム暖房機

ホテル内はまるで美術館。ロビーに何気なく飾られていた絵画

(日本画が多い)、上村松園「花嫁」、時価価格“3億円”とか。

うん千万円クラスは到る所に。ちょっと心配になりましたが

セキュリティーは万全のよう。

客室の絨毯やレトロなスチーム暖房機なども格式を感じさせます。

アインシュタインが大正11年に滞在し、実際に弾いたピアノも

調度品の一つとして置かれていました。

会員の集い

ホテルの一室で開催された「会員の集い」。

関西で開催されるのは初めてとあってか、多くの会員が

つめかけた。

京都の歴史的建造物「駒井家住宅」(JNT所有)の運営

に係る事例報告は参考になった。

大乗院庭園見学会

修復された反り橋

奈良ホテルの建つ丘陵地を少し下ると立派な庭園があります。

「名勝大乗院庭園」。興福寺の門跡寺院のお庭として

平安時代に築造されたそう。

奈良ホテルはこのお庭の敷地内に建てられているといった

ほうが解りやすいでしょうか。

庭園ではありますが、発掘復元された遺跡ともいえます。

傍らに建つ大乗院庭園文化館の館長さんによる説明見学会

もあり、“集い”終了後に見せて頂きました。

修復された「反り橋」も近々渡る事が出来るそうです。

大乗院庭園文化館

ヘリテイジセンター会議

翌日には、その大乗院庭園文化館において「ヘリテイジセ

ンター関係者会議」が開催された。

活発な意見交換も行われ、充実した二日間が終了しました。

窓の外には奈良ホテルが見えます。

関係者の皆様ありがとうございました。

 

タグ

2018年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。