ジオフェスティバル始まりました

文化館のブース

恒例の「ジオパークフェスティバル2016」が12日

から2日間に亘って兵庫県の但馬ドームで開催されました。

京都府からは琴引浜鳴き砂文化館だけが出展しています。

ブース内の様子

当然「鳴砂」をご存じない方も多いので、狭いブース内

は常時こんな感じになります。

クイズラリー

クイズラリーも行われており、文化館ブースは2番目の関所。

「鳴砂の主成分はなんでしょう」というのが問題です。

分りましたでしょうか。

微小貝探し

微小貝という2~3ミリの小さな美しい巻き貝がいます。

美しい海を象徴する生き物の代表格ですが、この貝を

探すコーナーは人気があり、人が絶えることがありません。

貝のお土産

貝類のお土産品も少し販売させて頂きました。

今では貴重品になった「浮き玉」も人気がありました。

玄さん

兵庫県の人気ゆるキャラ「玄武洞のゲンさん」もフェス

を盛り上げるために応援に来てくれました。

13日も開催してます。 よろしく!

 

 

タグ

2016年11月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。