ジオガイド研修会(経ヶ岬編)

経ヶ岬

山陰海岸ジオパークの東端「経ヶ岬」。

きれいな形状の流紋岩質の岩山(デイサイト)が連なります。

出発前

今年最後のジオガイド研修会は、この経ヶ岬で行われました。

天候は生憎の雨。

展望所から見える灯台

まずは、展望所から幽かに見える経ヶ岬灯台を目指します。

出発

海進洞穴

この辺りの海岸線には幾つかの洞門、洞穴が見られます。

遊歩道からも“海進洞穴”と呼ばれる、波によって出来た

洞穴を見ることが出来ます。

経ヶ岬灯台

程無く経ヶ岬灯台に到着。

「灯台」といっても、それほど高くはありません。

なぜなら、この地点がすでに海抜144mありますので。

説明パネル

全国に5ヶ所しかない「第一等灯台」(レンズ径が一番

大きく、2,5m程あるそう)の内の一つ。

波浪計

こんなものを発見。「波浪計」とあります。

天気予報などでよく「経ヶ岬沖の波の高さ」が報じられますが

この機械で計測しているのかも。

土台の石

この灯台を支えているのがこの土台。

白いペンキが塗られていますが、石が積まれているのが判ります。灯台下の岩場へ

実はこの石、灯台下の岩場から切り出されたものだそう。

灯台から一気に140m下ってその岩場へ。

巨大な柱状節理

そそり立つ巨大な柱状節理。

経ヶ岬の名の由来、経本を広げたような形状です。

岩質は角閃石安山岩という少し白っぽい色をした岩。掘削跡

なるほど、周辺には到る所に掘削跡が残っています。

しかし、ここからどうやって上まで運んだんでしょう。

面白い岩肌

こんな面白い岩肌も。波の悪戯でしょうか。

説明を聞き損ないました。

興味深い岩肌

この近くにはマグマの噴出口があった痕跡を示している

岩肌だそうです。 380万年前の出来事。

こんな岩肌、あちらこちらで普通に見るんですが、話を

聞いているととても興味深いものです。

色んな発見。

ジオの魅力って、そんなものだと思います。

タグ

2018年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。