コウノトリのヒナ誕生(その3)

コウノトリのヒナ(その後)

前回(5/30)の投稿から1カ月余、ヒナたちは元気

にしてるでしょうか。降り続いた雨もやんだ6月10日、

様子を見に来ました。 二羽見えますが・・・

少しアップ

最初は親鳥かと思ったんですが、カメラで寄ってみると、

どうやらこの二羽、ヒナのようです。 大きくなりました。

黄赤

黄青

関係者に確認をしたところ、間違いなくヒナ鳥。

足輪で判るそうです。(左足の黄赤、黄青)

二羽共、メスだそうです。

生まれたのは3羽だったんですが、残念ながら一羽は

6月上旬頃死んでいるのが確認されたそうです。

練習

でも、この二羽は元気そう。

飛ぶ練習でしょうか、時折羽を広げ羽ばたかせます。

飛び上がる

瞬間、飛び上がりました。

巣立ちの日も近いかもしれませんね。

親鳥

しばらく時間をおいて再度見に行くと、親鳥が帰って

きてました。(足輪の違いで判ります)

巣立ちの瞬間が観察できるといいんですが、難しいかも。

また報告します。

 

タグ

2018年7月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。