ガイドウォーク「アサギマダラ観察会」

s-アサギマダラとスナビキソウ

アサギマダラは旅(渡り)をする蝶。移動距離 約2,000km。

この時季、丹後地方の海岸に自生するスナビキソウ(写真)に集まります。

s-IMG_0448

21名の参加者が琴引浜ガイドの案内でまずはスナビキソウ自生地へ。

ここで、アサギマダラが現れるのを待ちました。

“現われました”。しかし、飛び回る蝶をカメラに収めるのは難しいです。

sIMG_0484

マスコミ(関西テレビ、京都新聞社)も取材に訪れました。

翌日、放映(掲載)されました。

s-IMG_0476

親子で参加。採集したアサギマダラの羽根に調査のためのマーキング

(日付、場所、名前)をサインペンでして、放蝶するのがキマリです。

s-IMG_0483

マーキングされたアサギマダラ。

s-IMG_5113

その後、全員で一斉に放蝶しました。

データはインターネット上に公表し、追跡調査をします。

どこかで発見されるといいですね。

sIMG_0497

この日は、蝶だけでなく、この時季にしか見られない植物も紹介しました。

写真は「ユウスゲ」。咲き始めました。

このほか、訳あって写真はお見せできませんが「トキソウ」、「モウセンゴケ」

なども参加者に見て頂きました。

s-昼食

昼食は、丹後の郷土料理として有名な「バラ寿司」です。

地元婦人会「琴引浜まんまくらぶ」さん、お手製。 大好評でした。

食事の後もスライドなどで追加講義があり、アサギマダラの生態

について、より詳しく解説していただきました。

来年も実施しますので、興味のある方はぜひ参加してください。

 

タグ

2015年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。