ガイドウォーク「アサギマダラ観察会」

スナビキソウ自生地で(S)

5月28日(土)、「旅をする蝶アサギマダラ」の観察会を

開催しました。

まずは、蝶の集まる場所をガイドが案内します。

スナビキソウ(S)2

彼ら(アサギマダラ)を引き寄せるのはこの海浜植物。

「スナビキソウ」といいます。

アサギマダラ観察(S)1

捕獲した蝶を手に、彼らの生態などをガイドが説明。

メモをとりながら子供たちも真剣に聞き入ります。

アサギマダラ観察(S)5

これがアサギマダラ。かなり大型の蝶です。

ここに集まるアサギマダラの9割以上がオスです。

マーキング(S)

蝶の羽に油性マジックでマーキングをします。

“マーキング”とは彼らの生態を調べるための移動調査です。

アサギマダラ観察(S)4

マーキングし終わったアサギマダラを一斉に放ちます。

この日は8頭(以外にも蝶は1頭、2頭と数えるそう)放蝶しました。

温泉を楽しむ親子(S)

温泉を楽しむ親子に遭遇。琴引浜には露天温泉があります。

トキソウ(S)

モウセンゴケ(S)

ミヤコグサ(S)

蝶ばかりではなく、この時季にしか見られない植物も紹介。

上からトキソウ(野生のランの一種)、モウセンゴケ(食虫植物)

、ミヤコグサもたくさん咲いていました。

イソコモリグモ(S)2

絶滅危惧種イソコモリグモ発見! 子供たち(男の子)大喜び。

ゴミは持ち帰りましょう(S)

「ゴミは持ち帰りましょう」。素晴らしい心がけです。

食事風景(S)

観察会終了後は楽しい食事。

丹後の郷土料理「バラ寿司」で“オモテナシ”。

ハマダイコンの箸置き(S)

箸置きにはハマダイコンという海浜植物の花が・・・

追加解説(S)

食事の後には、追加解説や参加者同士の交流もあり、楽しい

観察会でした。

タグ

2016年5月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。