カメムシ大発生

カメムシの画像

ご存じカメムシ!!  “ネットから拝借した画像”

今年は特に多いと思いませんか。

カメムシ(S)

館内でも、多い日は10匹以上駆除します。

やり方は、ガムテープでくっつけて密閉する方法がベスト。

とにかく臭いが漏れないように細心の注意をはらいます。

カメムシのおなか(S)

「クサムシ」「屁こき虫」の俗称あり。農家にとっては

害虫であり、大量発生する年は大雪になるとの説も。

ヘキサナールという物質が臭いの素だそうですが、化学的

にも有害なもので密閉容器の中では自身が失神してしまうそうです。

緑色のカメムシ(S)

とにかく「嫌われ者」の代表格ですが、先日、こんな奇麗な

緑色をしたカメムシを発見しました。

「パクチー君」という名前を付けてやりました。

とにかく今年は多いです。大雪にならなければいいのですが・・・

タグ

2016年11月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。