ウニの殻の不思議

ウニの殻拾い

16日、琴引浜へ“貝拾い”に出かけましたが、貝殻は

あまり打ち寄せられていませんでした。

目についたのは「ウニの殻」。

ウニの表

予定を変更して、ウニの殻(骨?)ばかりを拾い集めて

きました。比較的小さな“バフンウニ”の殻ばかりでしたが、

1時間足らずで100個ほど集まりました。

ウニの裏側

しかし、元の姿からは想像できないほど奇麗なものです。

調べてみると、ウニの内部構造は5方向に放射状に配列

されているとか。一つ上の写真をよく観察すると穴の大きさ

も5角形、放射状の模様も5方向であることが分かります。

小さなウニ

どんな経過を経てこんなものができるのでしょうか。

何らかの要因でお亡くなりになった後、針が取れ、内容物

は微生物によって分解され、波にもまれ、砂で磨かれて

完成。と、いったところでしょうか。

赤いウニ

この辺りでは、圧倒的にバフンウニが多く、時折ムラサキウニ

の殻が混じるといった感じです。上の写真は少し解りずらい

かもしれませんが赤紫色です。何ウニでしょう。

海外にはピンク色の殻を持つウニもいるそうです。

貝もいいですが、ウニの殻探しも楽しいですよ。

タグ

2016年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。