アブラゼミの羽化を観察しました

見つめる先には

7月23日(日)、夜の離湖(はなれこ)公園に三十数名

の親子が集合  。皆の視線の先には・・・

アブラゼミの幼虫

いました!! アブラゼミの幼虫です。

今年の観察会にも多くの子供たちが参加してくれました。

セミ博士 嶋田さん

当夜のガイドは、“セミ博士” 嶋田勇さん。

この時季は大忙し。前日は舞鶴で観察会のガイド。

明日は奄美へ、セミの観察に向かわれるとのこと。

背中に注目

午後7時半頃、気がつけば、あちこちにセミの幼虫発見。

自分のベストポジションが決まれば、動かなくなります。

背中のあたりを注目してください。

背中が割れてくる

上半身が出る

全身が出る

全身が出て、徐々に羽が伸びていきます。

この時、セミは血液(緑色だそう)を羽に送り込んで

伸ばしていくそうです。(嶋田先生 談)

草むらの幼虫

明りの先の草むらにも幼虫がいました。動きません。

ごく稀に、地面で羽化するものもあるそうです。

嶋田先生は未だ見たことがないとのことで、この幼虫に

興味津津。

ぬけがら

周囲には、たくさんの「ぬけがら」があり、子供たち

はブローチのように服に付けて遊んでました。

羽化完了

この日は、沢山観察できましたが、全体的に羽化の開始

時間が遅く、午後9時の解散時ではここまででした。

けっこう感動的、神秘的なものです。

皆さんも、身近な所で観察してみてください。

 

 

 

 

 

タグ

2017年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。