アカウミガメの子ガメ、元気になってきています。

2月13日、午後2時30分頃、琴引浜で寒さに凍えているアカウミガメの子ガメ(全長15cm、体重220g)を地元住民が見つけました。 s-ウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

かすかに生きていたので、ぬるま湯につけて、急いで 日本ウミガメ協議会に連絡しました。研究員さんから、アドバイスを受けて体温が回復するように努めました。

アカウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

水温15度程度に保ち、前脚の付け根をマッサージして血流を良くしてみました。また、3日目にもなると、身体についた藻が臭うようになったので、洗ってみました。 

アカウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

カメの餌には全く反応なかったですが、するめいかを切ってあげるとパクパク食べました。

ウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

カメもエサを食べる時は、前脚を口の周りに持っていきますね。

ウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ますます元気になって海に帰れるよう、見守っていきます。

タグ

2014年2月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。