「琴引浜を詠む句会」開催

与謝野晶子夫妻(琴引浜にて)

昭和5年春、琴引浜を訪れた与謝野晶子、寛(鉄幹)夫妻です。

当時と変わらぬ景色の中に身を置き、和歌ではなく、俳句を

詠んで頂こうという企画。

浜辺で一句

浜に降り立ちまず一句。

例年、春に開催していますが、今年は少し荒々しい表情

を見せ始めた秋の琴引浜が「お題」です。

浜の温泉

琴引浜の露天温泉。源泉かけ流しの贅沢なお風呂ですが、

「水着着用」が原則。そこのところは「ゴメンナサイ」。

小さな貝

浜辺で見つけた小さな貝を手に「これ微小貝?」と尋ね

られましたが残念ながら・・・

でも、嬉しそうな表情が印象的でした。

投句の様子

浜辺の散策を終え、句会の会場に戻ると、すぐに専用用紙

に句を書き入れます(投句)。一人三句を投じます。

本日の昼食

投句が終われば昼食です。お馴染みの「バラ寿司!!」。

ですが、今回は初参加の方が多かったので、地元の郷土料理

なんですが「久しぶり」と言う方も多かったようです。

選句

昼食が終われば選句(投じられたすべての句に目を通し

吟味)の作業に入ります。

選句用紙

すべての作品に目を通し、記名投票のような形式にて選考します。

歌碑の前でのスナップ

少し風は冷たかったですが、絶好の吟行日和になりました。

   行く秋の 琴引浜の 一会かな

             この日の特選句です。

 

 

 

 

タグ

2016年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。