「琴引浜の里山セミナー」開催

12月3日(日)、当館にて「里山は海の恋人」と題された

シンポジウムが開催されました。

石井実氏

主催は〈人と自然共生ネット〉(森豊彦会長)によるもの。

プログラムは大阪府立大副学長 石井実先生の基調講演

から。里山の自然と保護の重要性を絶滅しつつある日本固有

の生物群の実例を挙げながら詳しく解説された。

松尾秀行氏

セミナーのタイトルが示すとおり、琴引浜後背に控える

森林の生態系がメインテーマ。当館の前館長、蝶の生態

に詳しい松尾秀行氏からは、京都府天然記念物ギフチョウ

の生息地を確認したとの報告。

間伐や下草刈りなどの手入れが功を奏したとの分析でした。

ギフチョウ

ギフチョウの幼虫サンインカンアオイ

会場に運び込まれた成虫標本、幼虫、食草となるサンイン

カンアオイという植物。

何れもマニア垂涎の的につき、ネット上で詳しい情報は

お伝えできませんが、講演の中では詳しく説明されました。

恐れているのは「人」と「鹿」だそうですから。

安松貞夫氏

最後の講演者は京都教育大非常勤講師 安松貞夫氏。

安松氏は琴引浜二次林における植生について調査結果を

報告された。

三氏とも、主張に共通するのは「里山」という人の手で

整備された自然環境の重要性。

談話の様子

講演者を交えた談話会。

石井氏(左)、安松氏(右)らを囲んで、和やかな談話会

となった。

しかし、里山の荒廃はこの地でも深刻さを増しており、

今後の対策の重要性をあらためて感じた次第です。

 

タグ

2017年12月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。