ゆるキャラ コッペちゃん缶バッジをゲット!

京丹後市の観光振興課が、スマートフォン観光アプリ「京丹後へGO!」で

ポイントラリーを実施しています。3月12日(日)までの期間限定ですが、市内12か所の

スポットで2か所以上ので写真撮影をすると、京丹後市のゆるキャラ・コッペちゃんの缶バッジが

もらえますよ。ここ琴引浜鳴き砂文化館も撮影ポイントです。

詳しくは下記へアクセスしてください。 

 https://www.city.kyotango.lg.jp/kurashi/oshirase/shokokanko/kanko/120kmwalk.html

 

 

 

 

2017年2月11日

今季最大級の寒波襲来

昨日(2月10日)の朝9時前から降り出した雪が、まだまだ積もりつつあります。

現在文化館の周りは積雪60㎝位。近年まれにみる大雪です!!!

 

駐車場はブルドーザーで除雪してもらうのですが、少し高台にある文化館への

アプローチは人力でします。

只今除雪中ですが、この雪は、なんと、昨夕から今朝方に新たに降り積もった分です。

数メートル進んで振り返ると、新雪が2センチは積もっているという状況なのです。

IMGP0003

 

下の写真は、文化館2階からの雪景色。

お土産売店、聴琴亭が雪に埋もれてしまいました(´・ω・`)

IMGP0001

 

文化館にお越しの際には、建物の裏側の駐車場に停めて戴くと

便利です。

 

2017年2月11日

fmたんごで貝がらクラフト手作り体験の紹介

京丹後のコミュニティ放送『fmたんご』は、周波数は79.4 MHz・送信出力は20W、京丹後市内の約8割の世帯をカバーし、ご家庭にありますFMラジオや車のラジオ、また農作業をしながらでも、ポケットラジオ等で気軽にお楽しみ頂けるものです。

今週の金曜日、午後2時からの番組『丹後さんきょうだい』1時間番組の中で長女ふりちゃんが、貝がらクラフト手作り体験談を話してくれます。

流木フレーム作り体験 流木フレーム作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれも育ちも丹後の3姉弟が毎回テーマに沿って
丹後の事や旬の話題を楽しくしゃべっていく番組です。

長女 : ふりちゃん
次女 : ゆうちゃん
末っ子: ヒビキくん

放送日 平成29年2月10日(金)午後2時~

再放送 平成29年2月12日(日)午前8時~

2017年2月8日

漂着物クイズ!

さて、これは何でしょうか? 

アオイガイ

 

 

 

 

 

 

 

キレイな貝がらと一緒に並んでいるこの白い物体は、何が作ったものでしょうか? 白い物体は薄く半透明です。大きさは4cm~10cmほど。

 s-貝がら

 

 

 

 

 

 

 

ヒント

この白いきれいな物体は、貝がらです。サイズは、12mm~20cmほどに成長していきます。メスしか殻を持っていません。オスはメスの10分の1、または20分の1の小さなサイズです。

s-アオイガイ1218

 

 

 

 

 

 

 

現物を見ても、美しすぎてこれが自然の貝がらに見えない人もいて、プラスチックの作り物だと思う方もいますが、これは分類上貝類です。

カイダコ

 

 

 

 

 

 

 

この貝がらの中に何かいます! これがこの貝がらを作っています。

貝がらの名前と、この貝を作る生き物の答えは ↓ ↓ ↓

 

アオイガイ 

葵の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

アオイガイを二つ合わせると葵の葉に似ていることからこの名がついたと言われています。

そしてなんとこの貝がらを作っているのは、たこ!

アオイガイ

 

 

 

 

 

 

別名『カイダコ』とも呼ばれています。メスは膜状の第一腕から石灰質を分泌して貝がらを作るとされています。

カイダコ

 

 

 

 

 

 

 

このアオイガイは、海の中を漂って暮らしているので、普通のタコのように岩穴に入って卵を産み付けるということが出来ません。
だから、自分で貝がらを作って、その中で産卵するんです。

アオイガイ

 

 

 

 

 

 

 

当館では、実際にアオイガイを触って、感触を確かめることが出来ます。

アオイガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来館者の中には、山陰地方の海岸で泳いでいて、浮遊しているアオイガイに出逢ったことがある!と言う方もおられました。

アオイガイ

 

 

 

 

 

琴引浜でも例年11月末から2月頃にかけて、運が良ければ拾うことが出来ます! 時には大量漂着する年もあります。一昨年(2015年12月)冬には、100個以上のアオイガイを見つけることができました。

2017年2月6日

3月の特別展示のご案内

毎回好評の『和のキルト展』今年で3回目の開催となります。

前回、前々回とは違う作品をご覧いただけます。

和のキルト展

2017年2月6日

今日は雪景色

2017年1月23日(月)只今午前10時、京丹後市に大雪警報発令中です。網野町掛津付近は積雪5~8cm程度。雪は湿雪です。

2017.1.23

 

 

 

 

 

 

 

京丹後市峰山町や大宮町は、ところによって積雪20~40cmほどありますので、お気をつけてお越しください。

2017.1.23 2017.1.23 2017.1.23 2017.1.23

 

2017年1月23日

水槽の仲間を紹介☆

琴引浜鳴き砂文化館にある100Lほど入る水槽にいる仲間を紹介します。

サカナ

 

 

 

 

 

 

 

カサゴ君は、隠れていて中々お目にかかれませんが、だいぶ水槽の中が慣れてきたのか、たまに出て来てくれるようになりました。

水槽のグレ

 

 

 

 

 

 

 

このメジナ君は20cmほどの大きさです。いつも優雅に泳いでいます。

下にいるのがメバル君、2匹いるのですが、人が近づくとすぐに壺の中に隠れてしまいます。

種類の違う日本海の魚くん達ですが、仲良く暮らしています。

紹介パネル

2017年1月21日

琴引浜ミニミニ検定にチャレンジしてみませんか?

琴引浜鳴き砂文化館2階に設置してある「琴引浜ミニミニ検定」は、ちょっと難しいですが、館内の説明版を隅々まで読むとほぼ解答できるようになっています。

親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ミニミニ検定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80点以上の高得点の方には、当館からささやかな貝がらの詰め合わせをプレゼントしています。

2017年1月21日

「鳴き砂」が結ぶ日米ふたつの町

昨日のアメリカ大使館 (U.S. Embassy Tokyo) の公式 Facebook ページに、キャロライン・ケネディ大使の特集「アメリカン・ビュー」(アメリカ大使館公式マガジン)が紹介されています。
その「アメリカン・ビュー」では、「日本で育んだ友情― ケネディ大使の3年間の足跡」の特集となっており、17~18ページには、2015年6月にケネディ大使の琴引浜訪問が紹介されています。
ぜひ、ご覧ください!
http://amview.japan.usembassy.gov/e-book-2016-special-edit…/

2017年1月19日

ネーチャークラブハウス開館のお知らせ

当館から徒歩10分弱、琴引浜の駐車場から徒歩5分の所に、琴引浜ネーチャークラブハウスがございます。

ネイチャークラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年1月21日(土)~22日(日)10時~17時 開館しています。

自然の学び舎であるネーチャークラブハウスは、琴引浜の自然・魅力を紹介。山陰海岸ジオパークの恵みを学び、対馬海流のおくりものを紹介しています。狭い館内ですが、盛りだくさんの展示です。

是非、お立ち寄りください。

2017年1月16日

メニュー