今日の琴引浜露天温泉

冬の露天温泉

琴引浜には露天温泉があります(右下)。

が、11月の下旬からは大きな波が押し寄せ浴槽が砂で

埋もれてしまいます。 この写真は12月。

仲良し三人組

今月、浜の職員さんが浴槽の砂を掻き出し、14日(土)

から入浴できるようになりました。

今日、様子を見に行くと三人の女性が入浴中でした。

了解を得て撮影させて頂きました。

海を背に

お話を伺うと、兵庫県の篠山から来られたそう。

もう何度も来られているそうで、常連さんでした。

中央の方は普段イギリスにお住まいだそうです。

海水浴も楽しまれたそうですが、まだ水が冷たく、こっち

(温泉)のほうが良いとの事でした。 まだ4月ですから。

 

いいお湯ですよ。源泉かけ流しのぜいたくな露天温泉。

皆さんもぜひ。

 

 

2018年4月23日

はだしのコンサート2018「フードブース&フリーマーケット」受付中

25thはだしのコンサート2018 『フードブース&フリーマーケット』受付開始しました。

今年も出展者は、“海の京都エリア”の方のみとさせていただきます。京丹後市・与謝野町・伊根町・宮津市・福知山市・舞鶴市・綾部市

募集数は、15ブースです。可能な限りノンプラスチックのご協力をお願いいたします。

フリマ・フードブース募集要項

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お問合せ・お申し込み】琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 FAX0772-66-3755 E-mail kotohiki@nakisuna.jp

火曜休館日 開館時間9時~17時

はだしのコンサート2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月3日は、貴方の拾ったゴミが入場券の環境コンサート『25thはだしのコンサート2018』へお越しください。

ノルディックチラシ(表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月27日(日)ノルディックウォークも参加者募集中です。

ノルディックチラシ(地図)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前6km、午後から6kmを予定しています。

 

2018年4月15日

5月の企画展『タンゴピープル着物美人』写真展のお知らせ

5月3日から5月20日まで、丹後在住の着物美人30名の姿を写真で紹介します。

撮影者は、ヘアーメイクアップアティストで活躍された沖佐々木範幸氏です。

タンゴピープル着物美人写真展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年4月に、丹後ちりめん回廊が『日本遺産(Japan Heritage)』に認定されました。

丹後は古くから織物の里であり、今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地である。

京都府北部の丹後を訪れると、どこからか聞こえるガチャガチャという機織りの音、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並み。300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊も紹介している。

2018年4月12日

丸田智代子油彩展のご案内

2月に第1回目の『丸田智代子油彩展』を開催しました。

今回は作品を変え、第2回目の『丸田智代子油彩展』を開催します。

丸田智代子展4月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年2月2日、毎日新聞に掲載されました。

毎日新聞記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリートーク

 

 

 

 

 

 

 

 

丸田智代子氏による絵画の説明など、毎週水曜日の11時から、和気あいあいとしたギャラリートークがあります。

お気軽にお立ち寄りください。

 

2018年4月1日

今日の琴引浜

今日の琴引浜

穏やかな陽気に誘われて、浜の様子を見にきました。

磯の様子

波もほとんどなかったので、浜の中央部の岩場(通称 大岩)

へ足をのばしました。

磯の様子を観察してみると・・・・

ハバノリ

ワカメはまだのようでしたが、ハバノリ(地元ではハバ)が

沢山生えていました。

佃煮や炊き込みご飯にすると絶品。

礫岩

この岩場は穴だらけの海綿のような岩肌をした凝灰角礫岩

という岩質。一部はこのような大きな石が顔を出す所も。

砂だけじゃなく、興味深い岩場もいっぱい。

ワカメ刈り

近くで地元の方が箱メガネを使って何かを探していました。

何が捕れるんでしょう。 でも面白そう。

綺麗な貝殻

浜辺には綺麗な貝殻が沢山打ち寄せられていて、少し

拾って帰りました。

こんな日は皆さんも海へ出かけて“ほっこり”とした時間

を過ごしてみませんか。

 

2018年3月26日

約5千羽の鳩が飛ぶ「鳩レース」

今日の午前9時、琴引浜鳴き砂文化館の裏山から約5千羽の鳩が飛び立ちます。

九州まで行く「鳩レース」のようです。

鳩レース

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月25日

丹後震災追悼供養会実施

海蔵寺

3月7日、掛津区 海蔵寺に於いて「平成30年丹後大震災

犠牲霊位追悼供養会」が実施された。

昭和2年3月7日、18時27分 丹後地方をM7,3

震度6の大地震が襲い2,900名余の死者がでる大災害

となった。

震災供養会

掛津、遊(あそび)両区においても、大半の家屋が倒壊し、

判明しているだけでも33名の尊い命が失われた。

犠牲者の霊を供養する目的で毎年実施されている。

18時27分、サイレン吹鳴に合わせ黙祷。

南修氏

追悼法要終了後は地元の“読み聞かせボランティア”南修氏

によって「丹後震災回想録集」から3編朗読して頂いた。

生々しい状況を耳にし、胸が詰まった。

朗読に耳を傾ける子供ら

子供たちも参加し、朗読に耳を傾けた。

このようにして語り継がれていく事が必要なのだと感じる。

このあと、防災ビデオの上映や、地元婦人会さんらによる

炊き出しなども訓練を兼ね実施された。

「大震災100年周期」ともいわれる。

91年が経過した。 対策は十分か自分に問いたい。

 

2018年3月8日

京丹後ぐるりんクーポン対象店舗のご案内

2018春 京丹後“旬の逸品”宿泊キャンペーン 協賛につき

京丹後市の対象お宿にお泊りのお客様に限り、特典があります。

旬の逸品ロゴ

 

←←← クリックすると京丹後“旬の逸品”宿泊キャンペーン詳細ページ【京丹後市のホームページ】へ飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対象のお宿紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

対象のお宿紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

対象のお宿は21宿(上記記載)京丹後“旬の逸品”宿泊キャンペーンパンフレット表 パンフレット裏

対象期間は、3月1日~6月30日。

当館は、京丹後ぐるりんクーポン対象店舗となっており、黄色い体験無料券をご持参の方にお一人様入館無料のサービス!

クーポン対象店舗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なクーポン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、ご利用ください。

琴引浜鳴き砂文化館 開館時間 9時~17時

休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)

お問合せ 電話 0772-72-5511 E-mail kotohiki@nakisuna.jp

2018年3月1日

油彩展&ギャラリートーク&オカリナ演奏

2月の企画展「丸田智代子油彩展」開催最終日の本日、午前11時~約1時間

丸田智代子氏のギャラリートークと油彩展仲間による「オカリナ演奏」が琴引浜鳴き砂文化館にて行われました。

オカリナ演奏

 

 

 

 

 

 

 

誰もがよくご存じの「岬めぐり」「翼をください」「いい日旅立ち」「高校3年生」「私の城下町」などなど10曲以上もお披露目してくださいました。

オカリナ演奏

 

 

 

 

 

 

 

心地良いメロディーで、心休まるひと時でした。

オカリナ演奏

 

 

 

 

 

 

 

4月にも展示作品を変えて「丸田智代子油彩展」を開催します。是非、お立ち寄りください。

丸田智代子展

 

2018年2月28日

鳴き砂文化館の入り口案内

今日の京丹後市には風雪と波浪注意報が発令されています。網野町琴引浜は、雪はちらちら降ったり止んだりで積雪はありません。しかし、北西の強風が吹き荒れています。

琴引浜鳴き砂文化館

 

 

 

 

 

 

 

駐車場

 

 

 

 

 

 

 

国道沿いに広い駐車場があります。入口は、国道沿いの緑の大きな三角看板付近に階段があります。

身障者の方は、駐車場奥に進むと小さな橋があり、文化館の横に駐車スペースがあります。大型バスは入れません。

入口

 

 

 

 

 

 

 

国道沿いの入口です。小さな橋を渡り、大井川鉄道の枕木の階段を上って来て下さい。

枕木の階段

 

 

 

 

 

 

 

味のある枕木の階段です。今は雪の下ですが、春や夏には珍しい浜辺の植物“イソスミレやトウテイラン”などが見られます。


 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂の父“三輪茂雄先生の歌碑”が見えてきます。館内2階には三輪茂雄先生のコーナーがあります!

玄関

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館の玄関です! 自動ドアからご入館ください。隣の建物は売店と自動販売機があります。流木や貝がらの珍しいお土産を揃えています。

雪山

 

 

 

 

 

 

 

至る所に雪山があります。積雪量が多かったことを物語っていますね。

2018年2月17日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。