冬の日本海

DSCN3050(s)

スーパーエルニーニョの影響か、12月に入っても温かい日が続いていましたが、

昨日(17日)からやっと小寒波(?)がやってきました。

琴引浜から東へ向かう海岸道路沿いを少しカメラに収めてみました。

(s)

まだ不十分ですが、少し「波の花」(海面が泡立つ現象)ができかかっています。

水温が下がると植物プランクトンや海藻に含まれる粘液が粘度を増し、

その海水が激しく岩場に打ち付けられることによっておきる現象です。

DSCN3056(s)

山陰海岸ジオパークの名勝「立岩」です。

この岩を見るのはこの時季が一番だと思います。

実際に寒風を肌に受け、ゴーゴーと唸る波の音と一緒に見ると迫力満点です。

DSCN3054(s)

こちらも有名な「屏風岩」。

時々しか見られない“屏風滝”(実名ではありません)が左側壁面に

少し見られます。隣には本格的なカメラを三脚に据えたカメラマンも。

しばらく眺めていましたが飽きません。

 

 

 

 

タグ

2015年12月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ 文化館

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。